今日の迷言・余言・禁言

「国家非常事態宣言」が次々発動される⁉

またまた心配なニュースが飛び込んできた。ソマリアで2月2日「国家非常事態宣言」が発動されたのだ。滅多なことでは発動されない危険信号。なぜ発動されたのかというと異常なほどサバクトビバッタが大量発生して、ソマリア国民の食料を食い荒らしているからだ。虫の嫌いな私などから見ると、こういう大型のバッタの大群が所狭しと飛び交うこと自体が恐怖であるが…。それでなくても、ソマリアという国は昔から災害が多い。もしかすると、本当は人間が生活する地域としては適していないのかもしれない。実はもう一つ、気になるニュースがあって、ブラジル南東部では異常気象で豪雨が止まない。こちらも何万人もが住居を失い、避難生活を強いられている。世界的には「中国」の新型肺炎が大々的に報道されているが、今年の不気味な“自然災害”次のターゲットが「ソマリア」なのか「ブラジル」なのか、今のところ微妙としか言いようがない。私があえて取り上げるのは、今年の自然災害が、単純な自然災害というのではなく、何かしら「防ぎようのない恐怖」を撒き散らす存在に限られているからだ。こういう連鎖は、実は一国だけを襲っているのではなく、あちこちに“飛び火”しながら、その“本当の正体”を潜めている部分にある。かつてニューヨークが9.11に襲われた時、あれは“人災”だったわけだが、燃上がる黒煙の中に、丁度心霊写真のような感じで、その黒煙に“悪魔”と思しき画像が撮影されたことがある。そういう画像を見ると、やはり“防ぎようのない災難”だったのだなと感じたものだった。元々「災難」というのは、予期せぬときに予期せぬカタチで発生することが多い。そういう時、普段は不信人な人達でも、急に信仰深くなって、神仏に手を合わせたりする。人間は“未知の恐怖”に弱いのだ。よく「宇宙人に襲われる」という話があるが、宇宙人よりも、身近に存在する昆虫とか爬虫類とか野生動物とかの大群に襲われる方がはるかに怖い。もしかすると、第三次世界大戦などより、予期せぬ者達に襲われる方が人類滅亡につながるのかもしれない。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.