今日の迷言・余言・禁言

「国家非常事態宣言」が次々発動される⁉

またまた心配なニュースが飛び込んできた。ソマリアで2月2日「国家非常事態宣言」が発動されたのだ。滅多なことでは発動されない危険信号。なぜ発動されたのかというと異常なほどサバクトビバッタが大量発生して、ソマリア国民の食料を食い荒らしているからだ。虫の嫌いな私などから見ると、こういう大型のバッタの大群が所狭しと飛び交うこと自体が恐怖であるが…。それでなくても、ソマリアという国は昔から災害が多い。もしかすると、本当は人間が生活する地域としては適していないのかもしれない。実はもう一つ、気になるニュースがあって、ブラジル南東部では異常気象で豪雨が止まない。こちらも何万人もが住居を失い、避難生活を強いられている。世界的には「中国」の新型肺炎が大々的に報道されているが、今年の不気味な“自然災害”次のターゲットが「ソマリア」なのか「ブラジル」なのか、今のところ微妙としか言いようがない。私があえて取り上げるのは、今年の自然災害が、単純な自然災害というのではなく、何かしら「防ぎようのない恐怖」を撒き散らす存在に限られているからだ。こういう連鎖は、実は一国だけを襲っているのではなく、あちこちに“飛び火”しながら、その“本当の正体”を潜めている部分にある。かつてニューヨークが9.11に襲われた時、あれは“人災”だったわけだが、燃上がる黒煙の中に、丁度心霊写真のような感じで、その黒煙に“悪魔”と思しき画像が撮影されたことがある。そういう画像を見ると、やはり“防ぎようのない災難”だったのだなと感じたものだった。元々「災難」というのは、予期せぬときに予期せぬカタチで発生することが多い。そういう時、普段は不信人な人達でも、急に信仰深くなって、神仏に手を合わせたりする。人間は“未知の恐怖”に弱いのだ。よく「宇宙人に襲われる」という話があるが、宇宙人よりも、身近に存在する昆虫とか爬虫類とか野生動物とかの大群に襲われる方がはるかに怖い。もしかすると、第三次世界大戦などより、予期せぬ者達に襲われる方が人類滅亡につながるのかもしれない。


最近の記事はこちら

「本能的人相学」だけは、なぜ世界共通⁉

私は以前から不思議に思っていることがある。それは、人はだれでも本能的に「人相家」として、発言したり、振る舞ったりする、ことに対してである。なぜ、何にも「人相」の勉強をしていないのに、堂々と自信をもって…続きを読む

“占い”を「哲学」にすることの「危険性」

まず誤解を避けるために、私は特定の占術家を傷つけたり、攻撃したりする気は毛頭ない。ただ根本的に“危険な部分”を孕んでいるので、それを指摘しておきたいだけだ。去年から今年にかけて占星家として知られる松村…続きを読む

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.