今日の迷言・余言・禁言

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際にはもう一日、8月1日にも「土用の丑の日」はやって来る。元々「干支暦」に基づく慣習行事なのだ。干支暦というのは、現代では日常に用いられることはほとんどないが、こういう“季節もの”の行事とか風習になると何故か復活してくる。大体「土用」とは“何か”というと、春・夏・秋・冬の“中間”で、まさに“季節の変わり目”と称される時期のことである。四季それぞれの中間に“18日間余”づつ加えてある。つまり、一年に四回やって来る。暦の上で夏と秋の間とされる“土用期間”は、その代表というわけだ。五行上でも「木(春季)」→「火(夏季)」→「土(土用)」→「金(秋季)」→「水(冬季)」という順序なので、代表であることは間違いない。それで「丑(うし)」の方は何なのかというと、これは十二支の一つだが、丁度、真夏のこの時期は十二支月で言うと「未」月期間ということになり、その180度向いにある十二支が「丑」月なのだ。そこで「未」に真正面から挑める「丑」の「う」と同じく、「う」が最初に来る食べ物を体内に取り入れることで暑さに挑め“暑気払い”が可能、という“おかしな理屈”から始まったのが、この風習なのだ。もっとも「う」から始まる食べ物なら何でも良いので「梅」や「うどん」や「うり」が江戸初期の主流だったらしい。一説には平賀源内が夏場に売り上げが落ちる「うなぎ屋」のために一役買って広めたのが「うなぎ」として定着した理由だという。ただ、現代は国産物のうなぎは高い。そこで近年は“輸入ウナギ”が急増している。価格がまったく違うのだ。二倍とまでは行かないが、それに近い価格となっているのが国産ものなのだ。そこで店頭には“輸入物”が並ぶ。国産ものを食べたい人は「うなぎ屋」さんに行く。そこで、どうだろうか「土用の丑の日セット」として「梅うどん」に「うりの漬物」を合わせ、ちょっとだけ“輸入物のうなぎ”を加えた“お弁当”を発売してみたら…まあ、私は買わないけどね。


最近の記事はこちら

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.