今日の迷言・余言・禁言

「国立国会図書館」の魅力

「国立国会図書館」って、知ってますか。そう日本で出版された本であれば、そのすべてを所蔵している“神様のような図書館”です。したがって通常の形で商業出版された本であれば、大型書店や図書館にない書籍でも、ここに行くと見つけだすことが出来ます。しかも、今はパソコンがあれば自宅に居ながら本を探し出し、無料で“デジタル版”を何時間でも閲覧することが出来るのです。しかも、すごいのは何十年前の本でも、百年以上前の和綴じ本でもそれが可能だということです。つまり、実際に足を運ぶよりも手軽に、探し出して誰にも気兼ねなく読むことが出来るのです。古書店で購入すれば何万円もする本が無料で読ませてもらえる幸せを味わってください。


最近の記事はこちら

「ビットコイン」大暴落の予感!

一部で「未来の通貨」としてもてはやされているのが「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨だ。つまり、実際には手にすることの出来ない“お金”。う~ん、解かったような解らないような…。まあ“あやしいモノ”と…続きを読む

永遠の“聖地”&“戦地”であるエルサレム

アメリカのトランプ大統領は7日、エルサレムをイスラエルの首都であると認定した。日本人にとっては、別にどうでも良い話なのだが、世界はこれに著しく反応した。大昔から“イスラエル・パレスチナ問題”というのは…続きを読む

神社殺人事件の真相

これは事件を推理小説化したものである。宮司の弟である富岡茂永容疑者は、神社本庁からの電話を“そそのかし”だとは気付いていなかった。生来、生真面目である茂永は、内縁の妻から「あなたのせいなんだから…」と…続きを読む

易占では、大谷は「カブス」に決定⁉

アメリカ大リーグに移籍する大谷翔平選手の移籍先が7球団に絞られた。ここまでは誰もが知っている。では、この先を教えよう。もっとも、この先を教えてくれるのは私ではない。「易占」の神様だ。7球団まで絞られて…続きを読む

“謎”の競演―宮沢りえ&貴乃花

人は時々「おやっ?」というニュースに目が止める。その二人、何かが共通しているような…そう25年前、宮沢りえ&貴乃花と言えば「婚約会見」を開いた二人ではないか。その二人が、今や別々の形で注目されている。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.