今日の迷言・余言・禁言

「地上の楽園」は「ゴミだらけ海岸」に変わった

「美しい地上の楽園」という触れ込みにつられてインドネシアのバリ島には、世界中から観光客がやって来る。ところが、近年はどうも評判がよろしくない。ジンバラン、クタ、スミニャックなど、リゾート地として有名な海岸沿いが“ゴミの山”に変わりつつあるというのだ。さらに英国のダイバーが近隣の水中動画をSNSに投稿し、そのあまりのひどさが評判を呼び、100万回以上も再生されている。私も見てみたが、確かにひどい。海岸沿いもひどいが、水中の方がもっとひどい。こういう映像を見てしまうと、もうどんなに海岸から臨む“美しい風景”も眼に焼き付かない。これはバリ島に限らないが、インドネシア全体が街の中心は別として埃っぽいし、ごみが散乱しやすい傾向がみられる。それはフィリピンなどでも同様だが、きれいなのは街の中心部だけで、ちょっと横道に入ると清掃の行き届いていない場所が散見される。私は昔、フィリピンで「景色の素晴らしいところに連れて行ってあげる」と言われ、ごみが散乱する海岸沿いに案内され愕然としたことがある。密林も多いバリ島の場合には、雨季など湿気が多いので、余計に“薄汚い”印象を与える。もちろん、インドネシア政府も見逃しているわけではない。「ゴミ緊急事態宣言」を出して清掃に努めてはいる。何しろ、バリ島は「観光」で成り立っている島だ。日本人観光客も多いが、総じてインドネシア人は日本人に対して好意的である。だから、悪い印象を持つことは少ない。ただ元々日本人は潔癖感の強い民族なので、あの水中映像などを見てしまうと尻込みする観光客も出て来るのではないだろうか。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.