今日の迷言・余言・禁言

「地上の楽園」は「ゴミだらけ海岸」に変わった

「美しい地上の楽園」という触れ込みにつられてインドネシアのバリ島には、世界中から観光客がやって来る。ところが、近年はどうも評判がよろしくない。ジンバラン、クタ、スミニャックなど、リゾート地として有名な海岸沿いが“ゴミの山”に変わりつつあるというのだ。さらに英国のダイバーが近隣の水中動画をSNSに投稿し、そのあまりのひどさが評判を呼び、100万回以上も再生されている。私も見てみたが、確かにひどい。海岸沿いもひどいが、水中の方がもっとひどい。こういう映像を見てしまうと、もうどんなに海岸から臨む“美しい風景”も眼に焼き付かない。これはバリ島に限らないが、インドネシア全体が街の中心は別として埃っぽいし、ごみが散乱しやすい傾向がみられる。それはフィリピンなどでも同様だが、きれいなのは街の中心部だけで、ちょっと横道に入ると清掃の行き届いていない場所が散見される。私は昔、フィリピンで「景色の素晴らしいところに連れて行ってあげる」と言われ、ごみが散乱する海岸沿いに案内され愕然としたことがある。密林も多いバリ島の場合には、雨季など湿気が多いので、余計に“薄汚い”印象を与える。もちろん、インドネシア政府も見逃しているわけではない。「ゴミ緊急事態宣言」を出して清掃に努めてはいる。何しろ、バリ島は「観光」で成り立っている島だ。日本人観光客も多いが、総じてインドネシア人は日本人に対して好意的である。だから、悪い印象を持つことは少ない。ただ元々日本人は潔癖感の強い民族なので、あの水中映像などを見てしまうと尻込みする観光客も出て来るのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「法律改正」が間に合わなくなる日

或るTV番組で「昭和」の時代には存在し「平成」の時代には“見かけなくなった品物”を特集していた。確かに、そういうものは多い。そして、それらの多くを私は見忘れていて、どういう役割を持つものだったのか、分…続きを読む

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.