今日の迷言・余言・禁言

「地上の楽園」は「ゴミだらけ海岸」に変わった

「美しい地上の楽園」という触れ込みにつられてインドネシアのバリ島には、世界中から観光客がやって来る。ところが、近年はどうも評判がよろしくない。ジンバラン、クタ、スミニャックなど、リゾート地として有名な海岸沿いが“ゴミの山”に変わりつつあるというのだ。さらに英国のダイバーが近隣の水中動画をSNSに投稿し、そのあまりのひどさが評判を呼び、100万回以上も再生されている。私も見てみたが、確かにひどい。海岸沿いもひどいが、水中の方がもっとひどい。こういう映像を見てしまうと、もうどんなに海岸から臨む“美しい風景”も眼に焼き付かない。これはバリ島に限らないが、インドネシア全体が街の中心は別として埃っぽいし、ごみが散乱しやすい傾向がみられる。それはフィリピンなどでも同様だが、きれいなのは街の中心部だけで、ちょっと横道に入ると清掃の行き届いていない場所が散見される。私は昔、フィリピンで「景色の素晴らしいところに連れて行ってあげる」と言われ、ごみが散乱する海岸沿いに案内され愕然としたことがある。密林も多いバリ島の場合には、雨季など湿気が多いので、余計に“薄汚い”印象を与える。もちろん、インドネシア政府も見逃しているわけではない。「ゴミ緊急事態宣言」を出して清掃に努めてはいる。何しろ、バリ島は「観光」で成り立っている島だ。日本人観光客も多いが、総じてインドネシア人は日本人に対して好意的である。だから、悪い印象を持つことは少ない。ただ元々日本人は潔癖感の強い民族なので、あの水中映像などを見てしまうと尻込みする観光客も出て来るのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

デヴィ婦人ではなく、孫正義氏が「顔」

日本では最近、未来に関しては“浮かない話”が多い。せっかく海外からの投資資金を呼び込むのに“絶好のチャンス”だった「IR事業構想」も、一部のおかしな政治家が賄賂など受け取ったことで、もはや“汚い事業”…続きを読む

「豪」→「比」→「 」の自然災害

ご存じのように「豪=オーストラリア」の“森林火災”は自然災害だ。そして今月12日「比~フィリピン」の“タール火山”が大噴火した。ただ、これは序章であって、もっと“大きな爆発的噴火”が起こる可能性もある…続きを読む

インターネットが「中国」を変えた

私が中国を初めて訪れてから、もう25年以上が経つ。だから、国として変わっていくのは当然なのだが、それにしても大きく変わったと思う。或る記事に、最近の中国でSNS上に投稿された何枚かの写真と説明が“論議…続きを読む

「匿名中傷者」を減らす第一歩

世の中には“顔”や“名前”が出なければ何をやっても良い、という困った考えの持ち主がいる。本人としては「罪」としての意識が低いのかもしれないが、“ネット上の批判や中傷”も度が過ぎれば当然「犯罪」の範疇に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.