今日の迷言・余言・禁言

「地味な業種」が“派手な広告”で目を引く後は…

私はいつも不思議に思っていた。どうして、そんなに「過払い金が戻る」とTVで広告を流すのだろう。「過払い金」が戻るような借金というのは、そんなに誰もが行うものではない。通常の借り方であれば「過払い金」など発生しないか、発生したとしても僅かな金額のはずだ。それなのに、こんなに何回も「過払い金が戻る」と宣伝するのは何故だろう。その答えを、24日に東京地裁から下された「東京ミネルヴァ法律事務所」“破産手続きの開始決定”が教えてくれた。元々経営状態が良くなかったのだ。だから派手な宣伝をして客を集める必要があった。ところが法律事務所というのは、通常の人は何かしら問題が起こらないと相談には行かない。そこで何も問題が起こっていなくても「活用できる人達」を“掘り起こしていく”方法を考えた。それが「過払い金」だったに違いない。もう一つの目玉だった「B型肝炎給付金請求訴訟」も、その対象者がそれほど多数いるとは思えない。要するに、どちらかと言えば通常の法律事務所ではメインとしていないようなものをメインに据えて、経営の立て直しを図ったのかもしれない。同じような手法を感じさせるのはフィットネスジムを経営する「RIZAP」だ。ここは文字通り芸能人を使っての“派手な宣伝”だけが記憶に残った。短期間で「痩せる」「変身する」ということを前面に打ち出し、芸能人のフィットネス利用の「前」と「後」を見せることで一時的に評判を呼んだ。ところが“派手な宣伝”で知名度アップとは裏腹に、経営そのものの方は赤字を垂れ流すようになる。現在、2年連続での“大赤字”で今年は減ったが、それでも60億円の赤字である。元々、法律事務所にしろ、フィットネスジム経営にしろ、本来は地味な業種でTVを使って華々しく宣伝を掛けるような分野の職業ではない。もちろん、どちらの業種も、近年はライバルが多く、普通に“待つだけの形”で商売が成り立つ感じではなくなっているのかもしれない。そうかもしれないが、元々は“地味な業種”であることは間違いがない。“派手な商法”でお客を呼び込むような分野の職種ではない。そういう意味では「占い」の分野も同様で、本来は派手な分野ではない。そういう意味では、あまりに派手な宣伝を繰り返しているような占い師集団は“危険信号”が灯っているかもしれないのだ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.