今日の迷言・余言・禁言

「地味な業種」が“派手な広告”で目を引く後は…

私はいつも不思議に思っていた。どうして、そんなに「過払い金が戻る」とTVで広告を流すのだろう。「過払い金」が戻るような借金というのは、そんなに誰もが行うものではない。通常の借り方であれば「過払い金」など発生しないか、発生したとしても僅かな金額のはずだ。それなのに、こんなに何回も「過払い金が戻る」と宣伝するのは何故だろう。その答えを、24日に東京地裁から下された「東京ミネルヴァ法律事務所」“破産手続きの開始決定”が教えてくれた。元々経営状態が良くなかったのだ。だから派手な宣伝をして客を集める必要があった。ところが法律事務所というのは、通常の人は何かしら問題が起こらないと相談には行かない。そこで何も問題が起こっていなくても「活用できる人達」を“掘り起こしていく”方法を考えた。それが「過払い金」だったに違いない。もう一つの目玉だった「B型肝炎給付金請求訴訟」も、その対象者がそれほど多数いるとは思えない。要するに、どちらかと言えば通常の法律事務所ではメインとしていないようなものをメインに据えて、経営の立て直しを図ったのかもしれない。同じような手法を感じさせるのはフィットネスジムを経営する「RIZAP」だ。ここは文字通り芸能人を使っての“派手な宣伝”だけが記憶に残った。短期間で「痩せる」「変身する」ということを前面に打ち出し、芸能人のフィットネス利用の「前」と「後」を見せることで一時的に評判を呼んだ。ところが“派手な宣伝”で知名度アップとは裏腹に、経営そのものの方は赤字を垂れ流すようになる。現在、2年連続での“大赤字”で今年は減ったが、それでも60億円の赤字である。元々、法律事務所にしろ、フィットネスジム経営にしろ、本来は地味な業種でTVを使って華々しく宣伝を掛けるような分野の職業ではない。もちろん、どちらの業種も、近年はライバルが多く、普通に“待つだけの形”で商売が成り立つ感じではなくなっているのかもしれない。そうかもしれないが、元々は“地味な業種”であることは間違いがない。“派手な商法”でお客を呼び込むような分野の職種ではない。そういう意味では「占い」の分野も同様で、本来は派手な分野ではない。そういう意味では、あまりに派手な宣伝を繰り返しているような占い師集団は“危険信号”が灯っているかもしれないのだ。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.