今日の迷言・余言・禁言

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大きくなっている。月とか火星とかに「移住する計画」があるらしいが、日本の場合には、この「西之島」がどんどん大きくなってくれれば、将来的に“移住する計画”が出て来るのかもしれない。そんな「西之島」の“新たな海図”が21日出来上がった。現在も拡大中のものの地図を作成しても意味がなさそうに思うがそうではない。この新たな海図が国際的に認められて初めて、日本の“新たな領海”と“排他的経済水域”とが定まる。“新たな島”が誕生したとしても、現地調査が済んで“新たな海図”が出来ないうちは、国際的にはまだ「島」として認めないようなものだ。そういう意味では、とりあえず、いったん収まった時、現地調査をして“新たな地図作製”をしたのは価値ある行為だった。前にも述べたが、日本は“排他的経済水域”と呼ばれる海が広いので、将来的には海底地下資源を掘削して本当の「ジパング=黄金の国」になれるかもしれない。それにしても、日本列島内でも不気味な噴火が時々起こる。地球が“生きている”ことを声高に主張しているような噴火だ。「西之島」は元々あったとは言うものの既に九倍以上の面積で“新たに噴火して出来た島”の印象が強い。地球が“生きていること”を改めて教えてくれる島、形として見せてくれる島、アトランティスとか、ムーとか、レムリアとか、伝説の島や王国も、もしかすると単なる伝説ではなく、太古実在した歴史伝承が背景となっているのかもしれない。


最近の記事はこちら

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.