今日の迷言・余言・禁言

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大きくなっている。月とか火星とかに「移住する計画」があるらしいが、日本の場合には、この「西之島」がどんどん大きくなってくれれば、将来的に“移住する計画”が出て来るのかもしれない。そんな「西之島」の“新たな海図”が21日出来上がった。現在も拡大中のものの地図を作成しても意味がなさそうに思うがそうではない。この新たな海図が国際的に認められて初めて、日本の“新たな領海”と“排他的経済水域”とが定まる。“新たな島”が誕生したとしても、現地調査が済んで“新たな海図”が出来ないうちは、国際的にはまだ「島」として認めないようなものだ。そういう意味では、とりあえず、いったん収まった時、現地調査をして“新たな地図作製”をしたのは価値ある行為だった。前にも述べたが、日本は“排他的経済水域”と呼ばれる海が広いので、将来的には海底地下資源を掘削して本当の「ジパング=黄金の国」になれるかもしれない。それにしても、日本列島内でも不気味な噴火が時々起こる。地球が“生きている”ことを声高に主張しているような噴火だ。「西之島」は元々あったとは言うものの既に九倍以上の面積で“新たに噴火して出来た島”の印象が強い。地球が“生きていること”を改めて教えてくれる島、形として見せてくれる島、アトランティスとか、ムーとか、レムリアとか、伝説の島や王国も、もしかすると単なる伝説ではなく、太古実在した歴史伝承が背景となっているのかもしれない。


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.