今日の迷言・余言・禁言

「地球温暖化」より「地球氷河期」が怖い!

6日~8日にかけて、日本列島は「寒気」に抱かれる。朝方の気温が沖縄などを除くと、全国的に“氷点下”となるのだ。まあ私の住む北海道などは、冬場はいつも“氷点下”で慣れているので慌てることはないが、普段の年は“氷点下”になることがない四国や九州まですっぽりと「寒気」に抱かれる。つまり“北海道の冬”というのはどういうものかを、旅行しなくても体験できる貴重な朝方なのだ。私は北海道で、しかも2月生まれなので、本来なら“寒さ”には強いはずなのだが、大変に弱い。だから、すぐ近くで「札幌・雪まつり」をやっているのだが、見に行こうという気持ちになれない。まあ地元TVではいろいろと映してくれるので、わざわざ見に行かなくても…と思ってしまう。多分、その内、街中まで出る機会があって、通り掛かりに見ることにはなるだろう。とにかく私は、本当はもっと暖かいところで生活したい。一年中15度~25度くらいのところが理想的だ。暑すぎるのも困るが、何と言っても寒いのは困る。そう言えば、今年の1月9日《世界で「気象」が荒れ狂っている》と書いたが、そしてカナダやアメリカ東部で「爆弾サイクロン」と呼ばれる寒気団が発生し、氷点下50度に近い寒気が襲っていることを伝えた。つまり今年の“異様な寒気”は世界的なのだ。昔「地球温暖化」が叫ばれ、毎年どんどん“気温が上昇していく”という報道はいったい何だったのか。むしろ、このような冬が続くと「地球氷河期」が再び襲って来る…という都市伝説の方が現実味を増していく。徐々に気温が低下していって、やがては地球全体が氷点下50度の世界に変わって、核戦争など何もしなくても「人類滅亡」というストーリーだ。万一に備えての対策を、世界が一つにまとまって考えるべき時期に来ていると、この寒気団の空の上から「雪女的な女神」が告げているようで、怖い。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.