今日の迷言・余言・禁言

「地震」二度あることは三度ある

メキシコ南部で23日またしてもM6.2の地震が起こった。今月に入って、7日に南部で起き、19日に中部でM7.1の地震を経験したばかりだ。しかも、中部地震はまだ救出作業が続いている状態で、これまでに298人の死者が確認されている。元々メキシコのような“細長い国”は地震の被害に遭いやすい。日本もそうだし、イタリアもそうだし、トルコもそうだし、インドネシアもそうである。そのインドネシアでは、バリ島東部のアグン山に噴火の恐れが出て来たということで半径12キロ以内の住民9400人が避難し始めている。インドネシアは地震も多いが、火山噴火も多いところで自然災害に見舞われやすい。自然災害というのは、明らかに“発生しやすい地域”と、あまり“発生しない地域”とがある。日本の台風被害や豪雨被害でも同じところを直撃しやすい。そういう点では、元々気候風土に恵まれていて、あまり自然災害を経験したことがない地域に居住することが、安心の中で暮らすうえでは重要なのかもしれない。切り立った断崖を背にして立つ住居や、草木の育たない地域に立つ住居というのは、最初から“危険”や“困難”を背負っているようなものなのだ。もっとも、どんなに自然環境に恵まれても、生活や気候条件は快適でも、争いごとに巻き込まれやすい地域や都市には、爆弾破壊など“不測の災難”が襲い掛かる不安がある。交通事故でも、トラブルに巻き込まれる人は何度も巻き込まれるし、危険があっても回避できる人は何度もギリギリで回避している。そういう点は、正に“運・不運”というものが関与しているとしか思えない。したがって、元々“不運に巻き込まれやすい人”は、日々の生活をできるだけ“安心・安全”なところで過ごすよう心掛けるべきだろう。昔から「君子危うきに近寄らず」と言う諺もある。世界は「北朝鮮」を危ういというが、危ういのであれば“関わらない”“刺激しない”のが一番なのだ。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.