今日の迷言・余言・禁言

「執念」なのか「偶然」なのか

人が人を見つけ出す時、大きく分けて二つある。つまり、“偶然”に見つけ出す時と、“執念”の末に見つけ出す時と…。例えば離れていた恋人同士が偶然に街の中ですれ違う。漫画やテレビドラマなどでよくあるシーンだ。そうかと思うと、どうしても見つけ出したいと、あらゆる方法で捜し出して執念の末に見つけ出す。これまた敏腕の刑事ドラマとか、失踪事件の推理ドラマとかで、時折見掛けるシーンだ。さて、今回の場合には、どちらなのか公表された資料には書かれていないので、わからない。わかっているのは、妻が夫を見つけ出したということ、それも“離婚調停中の夫”を見つけ出したということ、そして、その車に強引に乗り込んだということ。さらに、その車の中で、夫に暴力をふるったということ。ついでに、同乗していた“不倫女性”にも暴力をふるったということ。その結果、何んと逮捕されてしまったということ…などである。う~ん、いろいろ考えさせられる事件だ。実は、この出来事、逮捕された女性の街で起こったものではない。彼女が住んでいるのは三重県亀山市。そして、夫の車に乗り込んだのは三重県松阪市。亀山市と松阪市とは“隣り合っている街”ではない。同じ三重県でも隔たりがあるのだ。しかも、彼女が乗り込んだのは、実は県道を走行中の車だったのだ。信号待ちで、一時停車していた時の出来事である。もし、これが“偶然”に見つけたのだとすれば、稀なる偶然である。大体どうして大きく隔たっている街に彼女はいたのか。元々が夫の車なので“見つけやすい”というのは解からないでもないのだが…。ここで興味深いのは、夫がその妻を乗せていることである。そんなに強引に乗り込まれてきたのだろうか。しかも、その後すぐ暴力をふるっている。何しろ信号待ちなのだ。もっとも、妻側の言い分では車が動き出したので、止めて欲しくて叩いたらしい。同乗していた不倫女性も殴ったというが、これは否定している。とにかく、既に“離婚調停”に入っている場合には、たとえ夫の車であっても、強引に乗り込んで暴力をふるえば「逮捕されてしまう」ということだけはよく解かった。そして多分「怖い奥さん」だったのだろう、ということもよく解かった。ただ、“殴りたくなる気持ち”も、まあちょっとだけ解かった。不思議な事件だ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.