今日の迷言・余言・禁言

「執念」なのか「偶然」なのか

人が人を見つけ出す時、大きく分けて二つある。つまり、“偶然”に見つけ出す時と、“執念”の末に見つけ出す時と…。例えば離れていた恋人同士が偶然に街の中ですれ違う。漫画やテレビドラマなどでよくあるシーンだ。そうかと思うと、どうしても見つけ出したいと、あらゆる方法で捜し出して執念の末に見つけ出す。これまた敏腕の刑事ドラマとか、失踪事件の推理ドラマとかで、時折見掛けるシーンだ。さて、今回の場合には、どちらなのか公表された資料には書かれていないので、わからない。わかっているのは、妻が夫を見つけ出したということ、それも“離婚調停中の夫”を見つけ出したということ、そして、その車に強引に乗り込んだということ。さらに、その車の中で、夫に暴力をふるったということ。ついでに、同乗していた“不倫女性”にも暴力をふるったということ。その結果、何んと逮捕されてしまったということ…などである。う~ん、いろいろ考えさせられる事件だ。実は、この出来事、逮捕された女性の街で起こったものではない。彼女が住んでいるのは三重県亀山市。そして、夫の車に乗り込んだのは三重県松阪市。亀山市と松阪市とは“隣り合っている街”ではない。同じ三重県でも隔たりがあるのだ。しかも、彼女が乗り込んだのは、実は県道を走行中の車だったのだ。信号待ちで、一時停車していた時の出来事である。もし、これが“偶然”に見つけたのだとすれば、稀なる偶然である。大体どうして大きく隔たっている街に彼女はいたのか。元々が夫の車なので“見つけやすい”というのは解からないでもないのだが…。ここで興味深いのは、夫がその妻を乗せていることである。そんなに強引に乗り込まれてきたのだろうか。しかも、その後すぐ暴力をふるっている。何しろ信号待ちなのだ。もっとも、妻側の言い分では車が動き出したので、止めて欲しくて叩いたらしい。同乗していた不倫女性も殴ったというが、これは否定している。とにかく、既に“離婚調停”に入っている場合には、たとえ夫の車であっても、強引に乗り込んで暴力をふるえば「逮捕されてしまう」ということだけはよく解かった。そして多分「怖い奥さん」だったのだろう、ということもよく解かった。ただ、“殴りたくなる気持ち”も、まあちょっとだけ解かった。不思議な事件だ。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.