今日の迷言・余言・禁言

「変転運」を象徴する「水脈」の旅

週刊誌には時々、これは事実なのか、噂の域を出ないのか、微妙ともいえるような記事が出る。過日、どの週刊誌だったか忘れたが杉田水脈衆院議員について「政界引退説」というのが載っていた。そこには彼女の知人発言を引用する形で「もう私は政界には未練がない、お騒がせするだけお騒がせして、保守系のアイドルとして生きていく」というようなことを述べている旨のことが記されていた。私は、この記事を7割方信じた。彼女であれば、そう思ったとしても不思議ではない、と思ったのだ。何しろ「LGBTは生産性がない」とか「伊藤詩織氏への批判」とかで、何かと“お騒がせ”な部分を持っていて、所属政党も次々と変遷していっていたからだ。この人は最初「みんなの党」に所属していた。それから「日本維新」に鞍替えし「次世代の党」へと移った。さらに「日本のこころを大切にする党」に変わり「日本のこころ」党にも変わって、最終的に現在は「自由民主党」の議員となっている人物なのだ。ついでに記すと、大学卒業後は積水ハウスに入社し、数年して市役所勤務となっている。ここで役所では何一つ自分の発案では実行できないとして、政界を目指すことになった人物なのだ。良く言えば“たたき上げの政治家”ともいえるし、悪く言えば、主義・思想や立場をコロコロ変える“政界渡り鳥”的な要素もある。そんな杉田水脈議員なのだが、昨日開かれた“政治資金パーティー”で「政界引退説」を真っ向から否定した。自分は自民党に入って、初めて本来の“やりたいことがやれる力”を与えてもらった。だから、自民党議員として今後も働き続けたい、という趣旨のことを述べたらしい。確かにもう52歳で、そろそろ腰を落ち着かせたい時期に来ている。自民党に入ったことで、その発言が取り上げられて、知名度が一気に上がった、という事実もある。自民党としても、その“今風でない考え方”を称賛する高齢者たちが多いことも知っている。だから、次は「比例区の全国区」に回して大量得票を期待する幹部もいるようだ。ただ私は彼女の「四柱推命式」が気になっている。彼女は月上に「梟神(偏印)」を持っている。こういう人は変転し続ける。永遠の“さすらい人”なのだ。


最近の記事はこちら

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.