今日の迷言・余言・禁言

「夢」の予兆と「占い」の予兆

正月が来ると、誰でも気にするものの一つに「初夢」というものがある。これには実際に寝床で観る「初夢」と、想像の中で“今年の願望”を語る形での「初夢」とがある。寝床で観る初夢は正月2日の夜に見るものが“本当の初夢”などともいうが、実際には必ずその夜に見られるという保証もない。また見たとしても、必ず“憶えている”とも限らない。新年になって、初めて“記憶に残った印象的な夢”、それが本当の「初夢」のように私は思う。昔は、縁起の良い初夢として「1富士2鷹3なすび」とか言った。けれども実際には、そういう夢など滅多に見ない。私は時々、夢の内容を語られ「これは、どういう意味を表す夢だと思いますか」と問われることがある。確かに「夢占い」という分野はあるが、実際にはなかなかに解釈が難しい。ただ“深く記憶に留まる夢”は、本人の潜在意識からの“何らかのメッセージ”である場合も多い。例えば私など、しょっちゅう会社員時代の夢を見る。会社の中で仕事をしているのだが、仕上げなければならない期日には到底間に合いそうもない。どうしよう。と言ったような夢である。これらは、もう会社員ではなくなって何十年にもなるので、その仕事からも離れて何十年にもなるので、本来であれば繰り返し見るような夢ではない。けれども、同じような設定で何度も見る。では会社員時代に、実際そういう状態があったのかと言えば、稀にはあったが普段は期日には余裕をもって仕事をしていた。だから、稀な現象でしかなかった。しかも実際の時には、そういう場合には“期日を引き延ばしてもらう”とか何らかの対策を施していた。つまり現実世界でも、あまり経験してこなかったような出来事を繰り返し何度も見ている。一体、どうなっているのだろう。それに比べて、残念ながらというべきか、なぜか「占い」に関する夢はまったく見ない。本当にまったく見ないのだ。ただ「夢」には、未来の“予兆”となる夢があることは事実だ。ただ、それが“ストレートな形”で現れることは少ない。そういう点では「占い」の予兆もまったく同様で、後から考えれば「驚くべき予言」と言えるようなことを全然関係ない時に行っている場合が多い。意識して行う予言よりも、さりげなく語った一言の方が、後になって「的中した」と言われることが多い。もしかすると私の場合、無意識に発した一言の方が価値を持っているのかもしれない。


最近の記事はこちら

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

小さな「疑い」と「救済」が増える⁉

世の中が“暗い世相”に変わっていくと、ニュースとして扱われる社会的な事件にも、世相を反映し、ちょっとした“暗い出来事”が多くなってくる。例えば昨日、北海道では次のような“二つの事件”があった。その一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.