今日の迷言・余言・禁言

「大宴会」って、何?

人は時々、自分自身でもよく解からないことを引き受けることがある。占いスクールを主宰する大阪の天晶先生には古くからお世話になっているのだが、あまり良い形で“お返し”をできたことがない。それで、今回も大坂へのお招きを戴いたのだが、いつも断ってばかりだと悪いので重い腰を上げることにした。正直に言うと、私はいつもお声をかけてくれる人相の方の大家・天童春樹先生とも顔を合わせたことがない。その天道先生との“コラボ企画”が「大宴会」ということになっている。宴会(?)…ということは、要するに“飲んでいれば良い”ということだろうか。私は“芸人”ではないから面白おかしく場を盛り上げることは苦手だし、“芸者”でもないから踊ることも出来ないし、いったい何をすれば良いのだろうとも思うが、まあ天道先生が慣れていそうなのでOKした。翌日は私一人でのミニセミナーということになった。どちらも2時間づつの短時間なのが最高に嬉しい。正直、私は、これまで、セミナーとか、スクールとか、公演とか、講義とか、ほとんど事前の打ち合わせとか、それ用のテキストとか、特別なプリントとか、メモ書きとか、自分用の手引書とか、ノートとか、何一つ持っていったためしがない。私の場合、普段の自宅での授業でもそうだが、そういうのが苦手だし、面倒でもある。そうやって講義しているが、それを毎回ずっとノートに筆記し続けて8年以上になる生徒さんもいた。だから、私の場合、多分そのノートをそのまま活字化して出版しようと思えばできる順序になっているのではないかと思う。単独セミナーの方は「手相判断のコツと上達法」というタイトルで話すのだが、果たしてどんな話になるのだろう。私は、いつもそうだが、話す直前まで何も考えていない。前日の“酔い”が残っている方が、多分、好い感じで一般の手相占い師の方とは全く異なる興味深い講義となるに違いない。


最近の記事はこちら

午前中に2400回の雷が「夏至」を祝った⁉

昨日は2019年の「夏至」である。「夏至」というのは、本来なら一年中でもっとも日照時間の長い日だ。ところが、昨日の札幌はほぼ一日中雨だった。雨だけならまだ良い。朝早くから「雷」を伴っていた。それも連続…続きを読む

私に近づくと「運命」が変わる⁉

人にはいろいろ不思議な“ジンクス”のようなものがある。私の場合、私に深く関わった人たちの多くが「運命」を変えていく。単に“運”が良くなるとか、悪くなるとかいうことではなくて、職業とか生活とか住居とか“…続きを読む

大人しそうでも大人しくない「耳」&「鼻」

今から十年前に一人の女優が孤独死をした。かつて「お嫁さんにしたい女優№1」と言われた大原麗子氏である。確かに声質も含めて“暖かく優しい雰囲気”を持っていた。けれども、その晩年は決して恵まれたものではな…続きを読む

十代半ばで「栄光」を掴むことの悲劇

多くの人達が思っているように、人は生まれながらに“大きな差”を持って生まれているわけではない。実は9割以上の人達は“ほとんど差のない生れ”なのだ。ここでいう「差」とは“運命的に”という意味でである。つ…続きを読む

直木賞候補が「女性だけ」の哀しい理由⁉

毎年、注目を集める「芥川賞・直木賞」の候補作品。今回、直木賞の方は候補作に選ばれた6人全員が女性であることが注目を集めた。これは両賞が始まって以来のことであるらしい。かといって、選出されている女性作家…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.