今日の迷言・余言・禁言

「大宴会」って、何?

人は時々、自分自身でもよく解からないことを引き受けることがある。占いスクールを主宰する大阪の天晶先生には古くからお世話になっているのだが、あまり良い形で“お返し”をできたことがない。それで、今回も大坂へのお招きを戴いたのだが、いつも断ってばかりだと悪いので重い腰を上げることにした。正直に言うと、私はいつもお声をかけてくれる人相の方の大家・天童春樹先生とも顔を合わせたことがない。その天道先生との“コラボ企画”が「大宴会」ということになっている。宴会(?)…ということは、要するに“飲んでいれば良い”ということだろうか。私は“芸人”ではないから面白おかしく場を盛り上げることは苦手だし、“芸者”でもないから踊ることも出来ないし、いったい何をすれば良いのだろうとも思うが、まあ天道先生が慣れていそうなのでOKした。翌日は私一人でのミニセミナーということになった。どちらも2時間づつの短時間なのが最高に嬉しい。正直、私は、これまで、セミナーとか、スクールとか、公演とか、講義とか、ほとんど事前の打ち合わせとか、それ用のテキストとか、特別なプリントとか、メモ書きとか、自分用の手引書とか、ノートとか、何一つ持っていったためしがない。私の場合、普段の自宅での授業でもそうだが、そういうのが苦手だし、面倒でもある。そうやって講義しているが、それを毎回ずっとノートに筆記し続けて8年以上になる生徒さんもいた。だから、私の場合、多分そのノートをそのまま活字化して出版しようと思えばできる順序になっているのではないかと思う。単独セミナーの方は「手相判断のコツと上達法」というタイトルで話すのだが、果たしてどんな話になるのだろう。私は、いつもそうだが、話す直前まで何も考えていない。前日の“酔い”が残っている方が、多分、好い感じで一般の手相占い師の方とは全く異なる興味深い講義となるに違いない。


最近の記事はこちら

「法律改正」が間に合わなくなる日

或るTV番組で「昭和」の時代には存在し「平成」の時代には“見かけなくなった品物”を特集していた。確かに、そういうものは多い。そして、それらの多くを私は見忘れていて、どういう役割を持つものだったのか、分…続きを読む

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.