今日の迷言・余言・禁言

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、ニューヨークというのは世界で一番“貧富の差が激しい街”なのだ。そのニューヨークで、ホームレスなどの実態を調査・研究している団体が15日、このままいくと小学生の7人に1人は“ホームレスになる”可能性を指摘した。昨年の調査でホームレスの児童数は全体の9%に達し、年間につき20%増と急速に増え続けているからである。近年、住宅価格が高騰しているニューヨークでは低所得者が“住む場所”を得るのが難しくなってきているのだ。やがてニューヨークは“大富豪”と“ホームレス”だけが共存・居住する“おかしな街”になってしまう可能性すらある。しかも、ニューヨークのような“貧富の差”は世界各国の主要都市で静かに広がりつつある。ここ十年ほどの間に、アジア各国の経済は目覚ましい発展を遂げているが、それはもちろん都心部が中心で、多くの場合は日本のような“地域差の少ない発展の仕方”はしていない。そういう意味では、“我が日本という国”は、世界に誇りうる“総中流国家”だった。極端に富める人も少ないが、極端に極貧な人々も少なかった。それが、ここに来て徐々に揺らぎ始めている。“富める者”と“貧しい者”との“差”が開きつつあるのだ。ニューヨーク的な価値観が蔓延し始めていて、ホームレスの人々を見ても“心が痛まない”…そういう人たちが増え始めている。確かに、日本の場合、よほどのことがない限り、ホームレスにはならなくて済む。けれども、そのギリギリのところで生活している人たちは多い。その一方で1000兆円という途方もない額の“使われないままのお金”が金融機関の金庫に眠っている。日本に“ホームレス児童”がどれくらいいるのか知らないが、金庫に眠る1000兆円の“千分の一の金額”で、多分ホームレス児童たちのほとんどが“家”で暮らせる…。


最近の記事はこちら

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

51年をかけ「1400勝」の快挙なのだが…

人には世間的に“目立ちやすい人”と、“目立ちにくい人”とがいる。例えば昨日、1400勝を達成した名人がいるのだが、さて、あなたには誰かわかるだろうか。というか、この報道をあなたは見掛けているだろうか。…続きを読む

ライバル同士の「変わり羽子板」が売れる⁉

昔から“不思議に思っているもの”がある。毎年、12月に登場する「変わり羽子板」の画像が、今一つ本人に似ていないことだ。今年も昨日東京の「久月」でお披露目された。1986年より、毎年続けられている。そし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.