今日の迷言・余言・禁言

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、ニューヨークというのは世界で一番“貧富の差が激しい街”なのだ。そのニューヨークで、ホームレスなどの実態を調査・研究している団体が15日、このままいくと小学生の7人に1人は“ホームレスになる”可能性を指摘した。昨年の調査でホームレスの児童数は全体の9%に達し、年間につき20%増と急速に増え続けているからである。近年、住宅価格が高騰しているニューヨークでは低所得者が“住む場所”を得るのが難しくなってきているのだ。やがてニューヨークは“大富豪”と“ホームレス”だけが共存・居住する“おかしな街”になってしまう可能性すらある。しかも、ニューヨークのような“貧富の差”は世界各国の主要都市で静かに広がりつつある。ここ十年ほどの間に、アジア各国の経済は目覚ましい発展を遂げているが、それはもちろん都心部が中心で、多くの場合は日本のような“地域差の少ない発展の仕方”はしていない。そういう意味では、“我が日本という国”は、世界に誇りうる“総中流国家”だった。極端に富める人も少ないが、極端に極貧な人々も少なかった。それが、ここに来て徐々に揺らぎ始めている。“富める者”と“貧しい者”との“差”が開きつつあるのだ。ニューヨーク的な価値観が蔓延し始めていて、ホームレスの人々を見ても“心が痛まない”…そういう人たちが増え始めている。確かに、日本の場合、よほどのことがない限り、ホームレスにはならなくて済む。けれども、そのギリギリのところで生活している人たちは多い。その一方で1000兆円という途方もない額の“使われないままのお金”が金融機関の金庫に眠っている。日本に“ホームレス児童”がどれくらいいるのか知らないが、金庫に眠る1000兆円の“千分の一の金額”で、多分ホームレス児童たちのほとんどが“家”で暮らせる…。


最近の記事はこちら

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

女性の地位は二極化されている

世界的に見ると、日本というのは女性の社会進出がまだまだ“進まない国”の代表的な国の一つだ。だから総体的に言うと、“男性優位社会”ということになる。そうは言っても、私が日ごろ接する女性達を見ていると、自…続きを読む

安室よりも丘の方が“紅白”には合っている

今年で68回目を迎えたNHK紅白歌合戦。その“初出場組”のお披露目があった。その中で、一人だけ和装で現れたのが演歌で初出場となる「丘みどり」であった。と言っても、正直、私はこの人の歌をきちんと聴いたこ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.