今日の迷言・余言・禁言

「天寿」と土星・冥王星の不思議な関係

多くの人は「死」を“単一”で考える。つまり“同じもの”として考える。けれども、そうではない可能性もある。少なくとも運命学的な観点からは、そうではないように思える。昨日、女優・八千草薫氏(88歳)が亡くなられた。昨年1月、すい臓がんが発覚して闘病していることが一部で報道されていた。近年まで、そのとても若々しい容貌をTVや雑誌で見掛けていた。良い齢の取り方をしているな、と思ったものだ。多くの場合、私は有名人が亡くなられると四柱命式やホロスコープを作る。データは「死」の“時期予測”のための貴重な資料となる。占いは何でもそうだが、これまでの教科書などあてにならない。「結婚の時期」「成功の時期」そして「死亡の時期」など、実例データから学んでいく方がはるかに確実であり、後進のための貴重な資料ともなる。多くの占い師が、実際には“符合しない”過去の「権威書」と呼ばれるものの“教え”に縋り続けるのか、私には解からない。八千草薫氏のホロスコープはいくつかの点で、とても貴重である。実は彼女の出生時、太陽は土星・水星と0度一体化し、同時に木星と180度、火星と150度、天王星と90度、金星と45度とアスペクトが多かった。中でも土星とはピッタリ重なり合っていて、その影響力の強いことを窺わせた。実は彼女が亡くなられた時、現在のトランジット土星が出生時と同じ位置に到達していたのだ。したがって出生時の土星と一体化するだけでなく、太陽とも0度一体化する。多くの高齢者は出生時の太陽がトランジットの土星、或いは冥王星からアスペクトを受けると、まるで「天寿」の位置に達したかのように永眠する。八千草氏の場合も、その法則にしたがうかのように永眠した。彼女の場合、トランジットの冥王星から出生時の太陽はアスペクトされていないが、その代りのように出生時の冥王星が180度の位置に来ている。このような形が「天寿」となる人も多い。7月に亡くなられたジャニー喜多川氏もそうであった。彼も、土星が土星と0度で重なり、冥王星が冥王星と180度の位置関係にあった。その点では全く同一なのだ。昨年10月に亡くなった俳優・穂積隆信氏の場合、土星は土星に0度まで達していなかったが、その代りのように、冥王星が冥王星に180度であっただけでなく、土星に対して0度で重なっていたのだ。マラソンの小出義雄監督のようにトランジットの冥王星が出生時の太陽に90度、土星は土星に90度という場合もある。元横綱・輪島大士氏のようにトランジットの冥王星が出生時の太陽に0度一体化、土星は土星に135度という場合もある。なぜか若くして亡くなる場合、これらの法則は適用できない。


最近の記事はこちら

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.