今日の迷言・余言・禁言

「太陰暦」は生きている‼

昨日は「スーパームーン」で同時に「皆既月食」ということで多くの人が“夜空”を見たらしい。私も窓から「満月」は確認したが「皆既月食」は見ていない。「月食」や「日食」は“古代人”が恐れた現象で、さまざまな神話・伝説が生まれた。確かに、科学など無視して考えると、満月が“赤くなる”なんて気味が悪い。満月がいつもより“14%も大きくなる”なんて何となく怖い。古代人たちが恐怖を抱いたのは当然だった。今月は、一か月の間に二回「満月」がやって来た。普通に考えると、一ヶ月に二回はおかしいように思うが、われわれが使っている暦は「太陽暦」なので、月の現象には何ら関係がない。こんなに日本人が“月の変化”に過敏なら、もう一度「太陰暦」に戻してしまった方が良いのではないだろうか。そうするとアラビアの諸国のように「新月」で“月の見えない夜”は必ず「一日」となり、「満月」になる夜には必ず「十五日」となり、“十五夜”の行事も行いやすくなる。昔から伝わっているほとんどの“行事”や“神事”というのは、本来「太陰暦」に沿って作られたもので「太陽暦」に変えると、本来の意義から言って“おかしな行事”がいくつも含まれている。農作業なども「太陰暦」を活用すると種まきや収穫の開始時期を定めやすい。そういう点で「太陰暦」には“生活暦”的な要素が大きかった。イスラム教徒が多く、宗教行事の多いアラブ諸国は現代でも「太陰暦」である。彼らの場合、地域的に季節的な変化が少ないので、純粋な「太陰暦」で一年を“354日間”として巡らせる。日本など季節的な変化の多い地域では「太陰太陽暦」といって、基本は太陰暦だが“季節調節”を加える形を採用し、数年に一度「閏月」というものを加えた。したがって毎年、似たような季節に正月が来る。中華圏では、現在も民間ではこれを用いているので正月が毎年変動する。日本人は、どちらかと言えば“情緒的な民族”で、生活様式は欧米型だが、“月の象形”に沿った感覚を抱いたまま生活を送っている人も多い。いっそのこと「民間暦」として「太陰太陽暦」の“復活”を決めた方が、商業的にもプラス効果が大きいのではないだろうか。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.