今日の迷言・余言・禁言

「奈良」を「アフリカ女性」はどう描くか

近年、海外の人達が“われわれの気付かない日本”をさまざまな形で教えてくれる機会が多くなった。おそらく今回も、そういう意味では、われわれ日本人が思いもしない「日本」の新たなる一断面を映像化してくれるに違いない。NPO法人「なら国際映画祭」がユネスコとの共催で、アフリカの女性クリエーターを発掘しようという試みを行うことになった。アフリカ各国から10名の女性を選抜して、奈良の片田舎に2週間ほど宿泊せ、短編映画を撮影してもらおうという企画だ。音頭を取ったのは女性映画監督として有名な河瀨直美氏で、単身パリのユネスコ本部まで乗り込んで、その交渉にあたってくれた。実は「なら国際映画祭」では2013年にも、スイスの学生を招いて、同じような試みを行ったことがあり、その成果が高く評価されていた。もちろん今回の場合には、河瀨直美氏が希望者に直接指導する。実際には、ケニア、ナイジェリア、セネガル、ブルキナファソ、南アフリカの五か国で希望者を募る。そして各国二人ずつを選抜して“1チーム”として民家に寝泊まりしながら、それぞれが奈良の片田舎の風景や日常を、どう“短編映画”として創り出すか、競い合わせながら“新たな才能”を発掘しようという試みだ。かつて河瀨直美氏自身も、2007年にカンヌ国際映画祭に短編映画を出品してグランプリを得ている。アフリカの土壌で育った女性達が「日本」という国をどう見ているか、また実際に泊まり込んでどう感じるか、どういう「眼」で、日本の古都でもある「奈良」を観察し、映像化していくのか、一般人であるわれわれにとっても大変に興味深い。そして、映画人としての河瀨氏は“世界的に通用する卵”を果たして見つけ出すことが出来るのか。映画界の将来を占ううえでも試金石となる試みのような気がする。


最近の記事はこちら

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.