今日の迷言・余言・禁言

「女性の尊厳」「職業への配慮」は、そんなに必要なのか

タレント・芸人の岡村隆史氏のラジオ深夜放送での発言が問題視されている。放送自体は23日の深夜で「岡村隆史のオールナイトニッポン」というラジオ放送だ。この番組の中で岡村氏は今回の“コロナ騒動”で収入が激減した女性達が、収入を得るため一時的に風俗系アルバイトをするのではないか…といった発言をしたらしい。確かに、いろいろな点で問題のある発言だが、深夜のラジオ番組である。もっと言えば「芸人」の発言である。この程度の発言で、放送局の番組公式ページで「女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言をした」として謝罪文を27日に掲載したのだが、本当に必要なことだったのであろうか。もちろん、彼自身の中に多少なりとも「女性」や「風俗」に対する偏見的な観方があるのは事実だ。けれども、そういう偏見は彼に限ったことではなく、多くの男性達にもある。いや、肝心の女性自身にも「風俗」に対して偏見を持っている人は多い。実際には男性ばかりではないのだ。そこに、この問題の“根深さ”や“普遍性”がある。近年、女性の中には、この種の問題に対して“過敏に反応”する人たちがいる。あらゆることに対して「男女平等」であることが“絶対条件”であるかのようなことを主張してやまない人達がいる。けれども、大昔から、男女は不平等であり、不平等で良いものなのだ。なぜなら、女性でも大昔から“権力を握る人”が居るし、“財力を掴む人”もいる。逆に男性でも女性に“かしずいている人”もいるし、女性から“飼われているような人”もいる。どの時代でも、どの文明でも、そういう人達はいる。確か瀬戸内寂聴氏だったと思うが、よくタクシーの運転手やホテルの従業員が荷物を運んでくれようとするとき、それを拒否して自ら運ぼうとする人がいる。あれほど迷惑をかける行為はないと言っていた。つまり、彼らはそれを運ぶことが仕事なのに、それを“奪おうとする行為”は親切でも何でもなく、屈辱を与える行為でしかない、というのだ。実際、その通りで、人にはそれぞれの“役割り”とか“生きがい”とか“立場”とかあって、何でも「平等」にしてしまえば良いというものではない。例えば「占い師」という職業に対しての“捉え方”は実に千差万別である。「天使」に近いような評価を与える人もいれば「詐欺師」に近いような評価を抱く人もいる。それを“一律にしろ”といっても、多分無理なのだ。大昔、十代の頃、私はよくラジオの深夜放送を聴いた。さまざまなパーソナリティーが好き勝手なことを言っていた。それが楽しかった。その方が自然だし、それで好い。深夜放送まで規制をかけると、ますます“つまらない考え方”しか出来ない人間がはびこっていく。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.