今日の迷言・余言・禁言

「妖しい人形」は、やはり怪しかった

90年代に「球体関節人形」作家として脚光を浴びていた女性・堀佳子氏が“詐欺容疑”で逮捕されている。マネージャーと称する女性と一緒に逮捕されたので、どちらがそそのかしたのか明らかではないが、その被害総額は一部で一億円を超えるのではないか、という話もある。ところが、どうもこの人形作家、お金の使い道が判然としない。元々金銭面でルーズなタイプなのか、人形作家としての履歴は華やかなのだが、借金の履歴も華やかなのだ。但し作品自体は大変に素晴らしい。一言で言えば「妖しい人形」を作る。正に「生きているがごとき人形たち」である。だから人形一体の価格は大変に高額である。したがって、コツコツと製作していれば、借金を重ねるほど困窮するはずがないのだ。近年は乳がんになって、休業状態だった可能性もあるが、もしかすると精神面でも多少問題があった可能性もある。なにしろ、彼女の人形を見ていると、“あの世からの死者たちの魂”が宿ってでもいるかのような何とも言えない危なさがある。その“危なさ”に魅せられた人達も多く、歌手の中島美嘉さんは自らのコンサート演出でも用いたくらいだ。1995年にはイタリアのミラノで展示会も行っている。多分、この人は、根本的に何かが壊れているのだ。実は占い師の方でも、そういう方は何人かいる。名前だけは、それなりに広く知られていて、実占能力も高く、人気もあるのだが、実生活の面でいろいろと問題を起こしやすいタイプの方である。まあ占いも、一応“スピリチュアル”に属する分野なので、多少、実生活に弱いというか、脆いというか、そういう方達が居ても仕方がないのだが、お客様を巻き込む形のトラブルが多い方は、やはり何かに問題がある。ただ奇妙なほど、そういう方は一部の方から熱狂的支持を集めるケースが多い。実際、人形作家・堀佳子氏も一部からは熱狂的に支持されていて、だからこそお金を貸す人もいたのだ。ただ、どんなに優れた才能があっても、まるで人形に魂を奪われたように犯罪を重ねてはいけない。


最近の記事はこちら

「聖なるガンジス」にマジシャンは消えた⁉

俗に「脱出マジック」と呼ばれているものが有る。マジシャン自身が両手両足を鎖に繋がれ、水槽とか地底の箱に入れられて、時間以内に脱出できなければ“命はない”という危険なマジックだ。日本では昔、初代・引田天…続きを読む

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.