今日の迷言・余言・禁言

「妖しい人形」は、やはり怪しかった

90年代に「球体関節人形」作家として脚光を浴びていた女性・堀佳子氏が“詐欺容疑”で逮捕されている。マネージャーと称する女性と一緒に逮捕されたので、どちらがそそのかしたのか明らかではないが、その被害総額は一部で一億円を超えるのではないか、という話もある。ところが、どうもこの人形作家、お金の使い道が判然としない。元々金銭面でルーズなタイプなのか、人形作家としての履歴は華やかなのだが、借金の履歴も華やかなのだ。但し作品自体は大変に素晴らしい。一言で言えば「妖しい人形」を作る。正に「生きているがごとき人形たち」である。だから人形一体の価格は大変に高額である。したがって、コツコツと製作していれば、借金を重ねるほど困窮するはずがないのだ。近年は乳がんになって、休業状態だった可能性もあるが、もしかすると精神面でも多少問題があった可能性もある。なにしろ、彼女の人形を見ていると、“あの世からの死者たちの魂”が宿ってでもいるかのような何とも言えない危なさがある。その“危なさ”に魅せられた人達も多く、歌手の中島美嘉さんは自らのコンサート演出でも用いたくらいだ。1995年にはイタリアのミラノで展示会も行っている。多分、この人は、根本的に何かが壊れているのだ。実は占い師の方でも、そういう方は何人かいる。名前だけは、それなりに広く知られていて、実占能力も高く、人気もあるのだが、実生活の面でいろいろと問題を起こしやすいタイプの方である。まあ占いも、一応“スピリチュアル”に属する分野なので、多少、実生活に弱いというか、脆いというか、そういう方達が居ても仕方がないのだが、お客様を巻き込む形のトラブルが多い方は、やはり何かに問題がある。ただ奇妙なほど、そういう方は一部の方から熱狂的支持を集めるケースが多い。実際、人形作家・堀佳子氏も一部からは熱狂的に支持されていて、だからこそお金を貸す人もいたのだ。ただ、どんなに優れた才能があっても、まるで人形に魂を奪われたように犯罪を重ねてはいけない。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.