今日の迷言・余言・禁言

「姓名」に誘導された人生

昨日、ヨットで“単独無寄港世界一周”を達成した76歳の人物が、5万5千キロ、394日間の航海を終えて故郷・静岡に寄港した。2001年に続いて二度目の快挙を達成した立尾征男(たておいくお)氏である。つまり、二回も単独世界一周を達成しているのだ。前回は“東回り”、今回は“西回り”だから、これで本当に“完全制覇”したことになる。しかも、その年齢が76歳なのだ。“無寄港”だから、途中で食料を調達することが出来ない。それで食糧が不足するとマグロを釣って空腹を補ったという。素晴らしい。ところで、ここで私が取り上げたいのは彼の名前である。もちろん、本名なのだが「立尾征男」である。お気付きだろうか。正に“帆を立てるヨットで征服していく男”に相応しい名なのだ。同じような名前に「矢追純一」氏がいる。言わずと知れた日テレの元ディレクターで「UFO」番組を数多く手がけた。この人も本名だが、正に“矢のように早い円盤を純粋に追いかける”のに相応しい名なのだ。彼が最近、最初は円盤になど興味はなく、忙しい日本人に“たまには空でも見よう”と呼びかける気持ちから始めたという趣旨のことを述べている。それでいながら、高齢となった現在でも“円盤”を追いかけているのだ。同じように名前が誘導したと思われる人生は「宇多田ヒカル」だ。彼女も本名だが、正に“歌だ!光っているだろう”と感じさせる一気のブレイクだった。このように「姓名」というのは、その人が無意識であっても、その名にふさわしい方向や形へと誘導していく力を持っているのだ。私は現在マンションの12階で暮らしているが、本当は30階くらいの“最上階”で暮らすのが「星龍」としては相応しいのだろうと思っている。或る時、ふと「高層階に住まなければ…星龍ではない」との言葉が脳裏にあふれた。そう言えば、私のコンテンツに「前世からの約束」があるが、あの占術は“前世からの因縁”ということで疑似惑星“ドラゴンヘッド”を多く用いる。この「ドラゴンヘッド」こそ、日本語にすれば「龍の頭」であり、名の「星龍」と符合していたのだ。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.