今日の迷言・余言・禁言

「嫌な予感」ほど的中するのは…

昨日、大相撲の貴乃花親方が“理事選”に出馬し、落選した。私は今年1月4日の時点で、その顔貌の変化から今年は“孤立無援”となりやすく“金銭問題など抱えやすい相”となっていることを示唆し、今年一年さえ乗り切れば“苦渋の運気”は去ることを予告していた。したがって、すぐに再度“理事選”に立候補したニュースを知って、傷付く結果になるだろうと思っていた。運気の良くない時に無理に動いても“良好な結果”を得ることは難しいからだ。時々、私の「嫌な予感」が的中することがある。私が《「ビットコイン」大暴落の予感》を書いたのは昨年12月10日のことだった。この時、ビットコインは急騰中であり200万円に近かった。ところが、年初からコイン価格は下落に転じて、昨日はとうとう100万を割り込み90万付近まで下落している。正に一時期の半分以下となったのだ。私は12月10日の時点で、特に100万以上で購入している人たちに警告を発していた。また今年1月28日には《「円高」放任すれば「日本株」は急落する》と予告した。この時点では「日経平均」は年初の価格を少しだけ上回っていた。けれども、その後、私の予言は不幸にも的中し「円高」は進み「日本株」は急落した。おそらく来週も「日本株」は大きく下落するだろう。日銀は今になって「円高」への対応策を講じ始めたが、年初から行っていなければ遅いのだ。結果的に、今年の“世界経済は順調”と多くの方が予想していたが、年初から「仮想通貨の事件」が起こった日本の場合、金融世界は「波乱の幕開け」となったような気がする。つまり、次々と経済界や金融界を揺るがすような問題が勃発してくる「嫌な予感」があるのだ。私は昔から「嫌な予感」ほど的中する傾向がある。「幸運な予感」はどんなに的中しても良いのだが、そっちの方は滅多に起こらない。グスン。何んとか、この変なジンクスというか習性というか変わってほしいのだが…そのためにも、今回の「嫌な予感」だけは的中しないように“我が占いの神”に祈るしかない。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.