今日の迷言・余言・禁言

「嫌な予感」ほど的中するのは…

昨日、大相撲の貴乃花親方が“理事選”に出馬し、落選した。私は今年1月4日の時点で、その顔貌の変化から今年は“孤立無援”となりやすく“金銭問題など抱えやすい相”となっていることを示唆し、今年一年さえ乗り切れば“苦渋の運気”は去ることを予告していた。したがって、すぐに再度“理事選”に立候補したニュースを知って、傷付く結果になるだろうと思っていた。運気の良くない時に無理に動いても“良好な結果”を得ることは難しいからだ。時々、私の「嫌な予感」が的中することがある。私が《「ビットコイン」大暴落の予感》を書いたのは昨年12月10日のことだった。この時、ビットコインは急騰中であり200万円に近かった。ところが、年初からコイン価格は下落に転じて、昨日はとうとう100万を割り込み90万付近まで下落している。正に一時期の半分以下となったのだ。私は12月10日の時点で、特に100万以上で購入している人たちに警告を発していた。また今年1月28日には《「円高」放任すれば「日本株」は急落する》と予告した。この時点では「日経平均」は年初の価格を少しだけ上回っていた。けれども、その後、私の予言は不幸にも的中し「円高」は進み「日本株」は急落した。おそらく来週も「日本株」は大きく下落するだろう。日銀は今になって「円高」への対応策を講じ始めたが、年初から行っていなければ遅いのだ。結果的に、今年の“世界経済は順調”と多くの方が予想していたが、年初から「仮想通貨の事件」が起こった日本の場合、金融世界は「波乱の幕開け」となったような気がする。つまり、次々と経済界や金融界を揺るがすような問題が勃発してくる「嫌な予感」があるのだ。私は昔から「嫌な予感」ほど的中する傾向がある。「幸運な予感」はどんなに的中しても良いのだが、そっちの方は滅多に起こらない。グスン。何んとか、この変なジンクスというか習性というか変わってほしいのだが…そのためにも、今回の「嫌な予感」だけは的中しないように“我が占いの神”に祈るしかない。


最近の記事はこちら

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.