今日の迷言・余言・禁言

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直面する孤独に対して行動を起こしていきたい」との決意を表明している。おそらく女性首相だから“発案出来たポジション”のような気がする。もちろん男性でも、その必要性は感じるのだが、形に出来るかというと多少の躊躇が出る。そういう“大臣ポスト”である。その意味で、大いに意義のある新設であるし、女性首相だからこその“政治決断”として褒め称えられるべきことであると私は思う。英国の人口は6500万だが、そのうちの900万人以上が“孤独な生活”に直面しているらしい。そういう観点から考えると、新設されて当然のポストなのだ。そして、これは英国だけの問題ではない。わが日本でも“孤独な生活者”が山のように居る。しかも、日本の場合、若い年齢層での“単身者”、“引きこもり的な生活者”が多い。英国人も“心を開く”までに時間のかかる民族だが、日本人は完全に二種に分かれる。集団の中でも、すぐに“心を開く”タイプと、なかなか“心を開けない”タイプである。後者は、家庭でも職場でも“孤独な状態”に陥りやすい。メイ首相の新設した「孤独担当相」は、その対象が“単身生活者”に限られるようだが、日本の場合、必ずしも“単身=孤独”と言えるほど単純ではない。時には、家族と暮らしながら“話し相手”がいないとか、“引きこもり”の結果として話し相手がいない場合もある。そういう人達を含めると、いったいどれだけの人数がいるのか、なかなか把握するのは難しい。けれども、その必要性は急務であり、他のポストと兼務が出来るほど楽なポストではない。誰もが自分を“理解してくれる人”を求めている。“孤独を癒してくれる人”を求めている。誰でも本当は“寂しがり屋”だからだ。


最近の記事はこちら

「豊かさ」が産んだ「いびつな思想」

日本人に比べて、欧米人の考え方は良くも悪くも“極端”な場合が多い。今回、或る写真に対して二つの考え方が“ガチンコ対決”しているのだが、正直、私はそのどちらにも賛同しかねるのだ。SNS上で論議の的となっ…続きを読む

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.