今日の迷言・余言・禁言

「定め」という考え方が幸福をもたらす

近年、どの国でも経済成長にブレーキがかかり、暗雲が垂れ込める情勢となった。世界のリーダー役だったはずのアメリカ経済に“?”が渦巻き、当然のごとく日本は「アベノミクス」という言葉自体がふわふわ浮遊し始めている。中国の先行きが“崩れ始めている”ことはだれもが認めるし、インド国内はインダス川のように“聖なる汚れ”であふれている。イギリスはEUに留まるかどうかで経済見通しが大きく分かれる。欧州全体も“先行き不安定”で、足の引っ張り合いが始まっている。近年、成長著しかった東南アジア各国も貧富の差が拡大しつつあり、アラブの各国は“原油価格次第”の様相を呈しつつある。世界全体が、あちこちできしみ始めていて、どこがどうというより世界経済の“成長鈍化”だけが確実に判明しつつある。そういう状況が続くと、経済の法則性から“富める者”と“貧しい者”との格差が拡大していき“中間層”が減るようにできている。当然、社会に不満が充満し“物騒な世の中”へと向かっていく。不安定な世の中は、経済に左右される面が大きいのだ。ところが、最初から世の中を“不平等なもの”として捉え、経済的・社会的な“格差”を「定め」として受け入れると、不満というのは“消えていく”ようにできている。実際、日本でも「士・農・工・商」の時代があって、生まれつき“身分が定められ”その階級は“変えられない”時代が長く続いたが、そのこと自体に対する不満や暴動はほとんど起こっていない。これは日本ばかりではなく、ほとんどの時代や国家で共通している。人間というのは、最初から“格差”を受け入れてしまうと、そのこと自体に不満はなく、それなりの生活ができれば“満足する”ようにできている。近年、多くの人が“倖せ”を見つけられないのは、この「定め」という考え方を最初から排除してかかるからだ。その根底には“誤った平等観”がある。私の母方は大名で、父方は百姓であったなど、何の関係もない。不平等を受け入れた方が“倖せ”になれるのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.