今日の迷言・余言・禁言

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い、との情報記事が目についた。例えば、アメリカ・バージニア州の或る男性は毎回宝くじを買っていたが、そんなものにお金を使って、と妻に怒鳴られるので「本当にこれが最後」と神に誓って購入したら、何と日本円で4億円も当ってしまった。また長距離移動で、たまたまコンビニでトイレを貸してもらった男性は、ただで貸してもらうのは申し訳ないと、購入しておいた宝くじで1億円が当選していた。コロラド州の男性は毎月のように購入していたが、いちいち少額当選の番号を確かめるのは面倒なので、いつも何回か分をまとめて交換所にもっていき換金していた。その結果、あと2週間で期限切れとなる宝くじ2億1400万円(日本円)の当選券が出て来た。イギリスのピート・カイルという人物は、当時52歳だったが英国陸軍歩兵隊員として10年間勤務し、その後醸造所で働きながらビールの配送を行っていた。ところが膝を痛めて働けなくなり、年金生活に陥っていた。唯一の楽しみは宝くじを買うことで、彼は毎週“同じ番号”を書き込み、投函し続けた。その日も同じ番号だったが何と日本円で7億円以上の当選となった。彼は有頂天だった。7750万円でジャグジー付きの家を購入、高級車やボートも買った。ところが、それから3年後、彼はすべてを失っていた。1泊2100円の格安ホテルで住み込みで働かなければならないほど零落していたのだ。どうしてそういうことになったのか、語ろうとはしない。2013年に当時17歳で、日本円にして宝くじで1億4千万円を手にした女性は、昨年になって「宝くじは私の人生を台無しにした」と発信し、世間から猛バッシングを浴びせられてしまった。


最近の記事はこちら

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

「医療従事者」だけの“特別待遇”には疑問⁉

世間というのは、時として“一方向”を向きがちである。例えば「医療従事者」に対しての扱いだ。特に“新型コロナ関係”の医療従事者に対して、世間はここ数ヶ月“畏敬の念”を向けるようになった。そのこと自体は、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.