今日の迷言・余言・禁言

「家庭的な問題」で悩まされない髪型

たまたまなのかもしれない。女性の髪型は変化するからだ。けれども時々“見掛ける相”なので記しておくことにした。観相学的な観点から見ると、前髪が眉の下まで達するのは好ましくない。つまり上瞼を隠してしまうとか、睫毛に掛かるとか、そういう感じの前髪は良くないのだ。なぜ良くないかというと“家庭・家族の問題”に悩まされがちとなるからだ。眉に掛かるのは問題ない。昨日、タレント・歌手で元“モーニング娘。”の市井紗耶香氏が「夫が全身麻酔での手術を行い、それが成功して無事退院した」との報告を行った。その時に、掲げられていた写真が上記に記した前髪をしていたのだ。彼女は再婚で、現在の夫は美容師らしい。だから、なおのこと記しておく。前髪は眉毛を隠す程度で止めておいて欲しい。因みに、よく観相学的には「額全部を出すべき」と主張している占い師もいるが、それは誤りである。男性なら額全部を出しても問題ないが、女性で若いうちから額全部を出して生活すると、どうしても“仕事最優先”となるし、家庭的なことがおろそかになる。昔から「能ある鷹は爪を隠す」と言う諺があるように、額を隠した方が、知識をひけらかさずに済む。だから、男性との議論が必要な職場なら別だが、そうでなければ額全部は出さない方が“奥ゆかしい女性”として支持されやすい。女性でも男性と互角に“渡り合う”ような分野、例えば教育関係、営業関係、政治関係などでは額全部を出した方が、“デキル女”を演じられる。ところで“瞼に掛かる前髪”に戻るが、この部位は本来「田宅」と呼ばれ、先祖から継承された土地・家屋を意味する。ここに前髪が掛かると、まず何よりも先祖・親戚・住居に関したことで問題が生じやすくなる。特に既婚女性の場合は、嫁・姑問題など起こりやすい。また遺産相続に関する問題なども生じやすくなる。さらにもう一つ、風水的な問題に悩まされやすくなる。例えば風水的なことが気になって、あちこちインテリアを買い替えたり、場所を入れ替えたりする。親戚間の陰口や揉め事に悩まされたりする。要するに、家庭生活が落ち着かないのだ。よく少女で上瞼を隠したがるケースがあるが、そういう少女は親の忠告を無視し外出しがちとなる。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.