今日の迷言・余言・禁言

「家庭的な問題」で悩まされない髪型

たまたまなのかもしれない。女性の髪型は変化するからだ。けれども時々“見掛ける相”なので記しておくことにした。観相学的な観点から見ると、前髪が眉の下まで達するのは好ましくない。つまり上瞼を隠してしまうとか、睫毛に掛かるとか、そういう感じの前髪は良くないのだ。なぜ良くないかというと“家庭・家族の問題”に悩まされがちとなるからだ。眉に掛かるのは問題ない。昨日、タレント・歌手で元“モーニング娘。”の市井紗耶香氏が「夫が全身麻酔での手術を行い、それが成功して無事退院した」との報告を行った。その時に、掲げられていた写真が上記に記した前髪をしていたのだ。彼女は再婚で、現在の夫は美容師らしい。だから、なおのこと記しておく。前髪は眉毛を隠す程度で止めておいて欲しい。因みに、よく観相学的には「額全部を出すべき」と主張している占い師もいるが、それは誤りである。男性なら額全部を出しても問題ないが、女性で若いうちから額全部を出して生活すると、どうしても“仕事最優先”となるし、家庭的なことがおろそかになる。昔から「能ある鷹は爪を隠す」と言う諺があるように、額を隠した方が、知識をひけらかさずに済む。だから、男性との議論が必要な職場なら別だが、そうでなければ額全部は出さない方が“奥ゆかしい女性”として支持されやすい。女性でも男性と互角に“渡り合う”ような分野、例えば教育関係、営業関係、政治関係などでは額全部を出した方が、“デキル女”を演じられる。ところで“瞼に掛かる前髪”に戻るが、この部位は本来「田宅」と呼ばれ、先祖から継承された土地・家屋を意味する。ここに前髪が掛かると、まず何よりも先祖・親戚・住居に関したことで問題が生じやすくなる。特に既婚女性の場合は、嫁・姑問題など起こりやすい。また遺産相続に関する問題なども生じやすくなる。さらにもう一つ、風水的な問題に悩まされやすくなる。例えば風水的なことが気になって、あちこちインテリアを買い替えたり、場所を入れ替えたりする。親戚間の陰口や揉め事に悩まされたりする。要するに、家庭生活が落ち着かないのだ。よく少女で上瞼を隠したがるケースがあるが、そういう少女は親の忠告を無視し外出しがちとなる。


最近の記事はこちら

今後も「本当の…」で“殺害”が増えていく

さいたま市の教職員住宅で殺害・遺棄された進藤遼佑くん(9歳)の事件は、同居する義理の父親である進藤悠介(32歳)の逮捕・自供によって一応の決着を見た。殺害動機は「本当の父親ではない」と言われたことらし…続きを読む

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.