今日の迷言・余言・禁言

「家庭運」が良いか悪いか判らない男

世の中には運命学的に“評価しにくい人物”というのがいる。タレントで歌手の清水国明氏も、そういう一人だ。雑誌で4度目の結婚がスクープされたらしい。“4度目の結婚”それだけでも、日本人の場合には珍しい。しかも、今回のお相手は25歳年下の一般女性で、すでに妊娠中だ。最初の結婚は1976年に行い、6年後に離婚。2回目の結婚は1984年に行い、3人の子供が居たのに19年後に離婚。3回目の結婚は2007年に行い、息子も産れたのに8年後に離婚。そして今回4回目の結婚は2018年3月に入籍、再び妊娠中だ。おめでたい…のかな、やっぱり。“結婚”も“離婚”も、エネルギーのいるもので、そういう点で言うと清水国明氏は“エネルギッシュな人生”ということになる。元々この人はフォークシンガーだが、自ら「支離滅裂フォーク」というように、世の中に“何かを訴えたい”というよりも、“気楽に生きようよ”と呼びかけるような内容の歌ばかりだった。2005年には「清水国明の森と湖の楽園」というアウトドアビジネスを立ち上げ、文字通り“自由な生き方”のお手本を指し示すような野外教育を子供たちに教えていた。しかも、そこで示されたのはアウトドア型の「理想の家庭」で、個人としての“生き方”ではなかった。それがいつの間にか、その時の“家庭・家族”ではなくなっていたのだ。彼に“見習った家族”たちはどうなってしまったのか、ちょっと気になる。やはり彼は「支離滅裂フォーク」と同じように、世の中に“広めていく”というよりは、こういう“破天荒な生き方”も良いんじゃない、という“気楽な生き方”の指南者なのだ。その時、その時の“勢い”というか、“衝動”というか、夢とロマンを死ぬまで“追い続ける男”なのかもしれない。占い師でも、同じように“結婚”と“離婚”を繰り返している人物もいる。そういう占い師は、時として同じような“生き方”へと無意識に導いていることがあるから、注意しなければならない。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.