今日の迷言・余言・禁言

「宿命」と「運勢」の“間”

人には「先天的な宿命」と、それとは別に「運勢としての明暗」のようなものがある。これは誰であってもそうである。「先天的な宿命」に恵まれている人は、俗に“幸運”と呼ばれる人たちで、比較的早くから“人生の階段”を駆け上がることが多い。例えば昨日、四連勝で「二冠」と「八段」を獲得した藤井聡太棋聖などは、その典型と言える。もちろん、本人のたゆまない努力と素質・能力が備わっての快挙だが、同時に「先天的な運」にも恵まれていることが四柱推命式やホロスコープ図などからも明らかである。例えば彼は、太陽と木星と水星とが“0度一体化”した日に誕生している。木星の一番の作用は“膨張”“拡散”である。一つのタイトルを手にしたら、必ず次のタイトルも手に入れる。いまの将棋界がいくつのタイトルを与えているのか知らないが、七つでも八つでも、あるものは根こそぎ手にしていく日々が訪れるかもしれない。彼は「将棋世界」に向かったので“将棋のタイトル”なのだが、もし「医療世界」に向かえば、その世界で数々の“記録”を打ち立てることであろう。もちろん、彼のように「先天運」が良い人ばかりとは限らない。「先天的な宿命」としては必ずしも“恵まれていない人”はたくさんいる。そういう人であっても、世の中で“大成功”まではゆかなくとも“中成功”くらいまでならしている人はたくさんいる。“大成功”には、やはり「先天運」の助けが必要なので、なかなか難しいのだ。けれども“中成功”くらいまでなら、先天運の助けを借りなくても、到達することが出来る。それは「運」には“後天運”ともいうべき「運勢(運気)としての明暗」があるからで、誰もが“先天運”とは別に与えられている。だから、例えば藤井聡太氏も来年の運勢は、今年ほどスムーズではない。今年は“無敵の運”だが、来年は“小さなスランプ”を体験する可能性はある。そういう風に、誰でも“良い時”“悪い時”がある。これこそが謂わば「不運な先天運」として生まれて来た者の人生における「救済システム」のようなものである。宗教よりも占術の方が“優れた部分がある”とすれば、この部分なのだ。但し、この「救済システム」はいつまでも待ってはくれない。そのタイミングを失すると、しばらくは巡って来ない。そういう意味でも、占いは“先天運”の良くない人の方に、より“価値を持つ”秘法と言えるのだ。


最近の記事はこちら

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.