今日の迷言・余言・禁言

「寄り道」が、“深みのある人間”に変える

どんなに順調な人生を歩んだ人でも、人生に一度や二度、本来の道を間違えるとか、一時的な「寄り道」をしてしまうことがあります。時には自ら“そういう道”に好奇心から飛び込み、履歴書的には「空白」となりやすい一時期を送ることもあります。それが予期せぬ「左遷」や「リストラ」、「大病」や「事故」、「失恋」や「不倫」、「クスリ」や「イジメ」、「借金」や「保証人」から生まれることもあります。複雑な現代の社会事情が、順調だったはずの「行く手」を塞いでしまうことがあるからです。いったん本来の道を外れると、元に戻すのは容易なことではありません。仮に自ら外れていった場合でも、その「寄り道」から引き返すには、思うほど簡単ではなく“勇気”と“時間”を必要とするのが普通です。人生の一時期に、自らが“そういう道”を経験している人は、決して理屈だけで人を“攻撃”することがありません。黙って許したり、見守ってあげる“人間としての深み”を備えているのが常です。俗にいう「正論」だけで、人は生きていけないことを体験的に知っている人は、人間としての“奥行”が備わっているのです。


最近の記事はこちら

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

51年をかけ「1400勝」の快挙なのだが…

人には世間的に“目立ちやすい人”と、“目立ちにくい人”とがいる。例えば昨日、1400勝を達成した名人がいるのだが、さて、あなたには誰かわかるだろうか。というか、この報道をあなたは見掛けているだろうか。…続きを読む

ライバル同士の「変わり羽子板」が売れる⁉

昔から“不思議に思っているもの”がある。毎年、12月に登場する「変わり羽子板」の画像が、今一つ本人に似ていないことだ。今年も昨日東京の「久月」でお披露目された。1986年より、毎年続けられている。そし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.