今日の迷言・余言・禁言

「密教呪術」で全員完治させた「即身成仏の塚」

日本には古くから“高僧”“怪僧”が沢山いる。特に密教の方には、あまり知られていない高僧が多い。それを代表するような人物が山形県庄内町に今から380年前に出現した「容海」「千光院」と名乗る二人の密教僧だ。むろん江戸時代のことである。その年、山間の村には疫病が蔓延したのだ。謎の伝染病で、みんなバタバタと倒れていく。住民の誰もがおろおろするばかりだった。そこに突如現れたのが容海と千光院だった。ふたりは密教の呪術で「疫病から村人を救う」と誓いを立てた。そして不眠不休で二週間、呪術と祈祷を続けていた。その結果、謎の病で苦しんでいた人々が、次々と完治し出したのだ。既に亡くなってしまった人は別として、それ以降の人達はいずれも快癒した。現在でも、そこは県道360号線が南北に貫く「廿六木(とどろき)」地区として名残りをとどめる。ふたりの密教僧はそこに住み着き、呪術と祈祷を繰り返して人々を守り続けた。そして「われわれは死んでも疫病から村人を守り続ける」と約束し、先に死んだ方を村の南端に埋めてネムノキを植え、後から死んだ方を村の北端に埋めてマツの木を植えて欲しいと頼んだ。だが、実際には「千光院」が亡くなって南端に埋められるのを見届けると「自分も、もう長くないので生きたまま埋めて欲しい」と村人に懇願した。こうして、すぐ北端にも穴が掘られて、生きた姿のまま埋められる儀式、密教的には「即身成仏」の呪術なのだが、それを「容海」は挙行させた。こうして、今も南の「上塚(千光院の墓)」はネムノキが見守り、北の「下塚(容海の墓)」は巨大な松の木が見守っている。もちろん、その伝承は受け継がれて、地元の人たちが供養も欠かさないが、今日まで疫病も感染症も発症していない。生きながら地中に埋められ、村人たちを救い続けるという“覚悟”とは、どんなものだっただろうか。そして、実際に守られてきたように見える“誓い”は、どう称えれば良いのだろうか。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.