今日の迷言・余言・禁言

「局部ピアス」から「精神福祉士」へ

占いを好む多くの人達は「先天運」というものを必要以上に“重く”捉えている。つまり、自分が“生まれ持った運”というのは、そう簡単に変えられないのではないか…という思い込みである。確かに、そういう部分もある。そして、そういう人達もいる。けれども、そういう人達ばかりではない。「先天運」をものの見事に跳ね返している人、少なくとも跳ね返そうと努力し続けている人もいる。「高部知子」という名前を聴いて、すぐに想い出せる人がどのくらいいるだろう。想い出せたとしても「わらべ」の一人で、“ニャンニャン事件”か何かで世間からバッシングを受けた女優…というような記憶が多くの人達の反応かも知れない。先日、私が何気なく購入した『エコノミスト』という雑誌の最新号に、その高部知子氏の連載エッセイが出ていた。書籍に関しての感想などを記したもので、元々が経済誌であるから、どちらかと言えば“硬い内容”の読書記録だ。そこには顔写真も掲載されていたが、正に「精神福祉士」らしい容貌の写真であった。その文章、その写真とも、歌手や女優の面影はなく、むしろ文化人というか、研究者というか、それこそ“病める人たちに向き合うエリート女医”のような印象を受けた。おそらく、彼女のことを知らない世代の方が読まれたなら、そういう風に受け止めたに違いない。実際、その名前自体が“硬い印象”の名前だ。だから「女優」よりも「精神福祉士」の方が、その名前からも相応しい。そのホロスコープや四柱命式はどうかといえば、“エリート女医”よりは“芸術家崩れ”とでも表現したいような星の配置である。つまり「積木くずし」で“不良少女役”を演じたが、正に実生活においても、それに近い要素が感じられるホロスコープや四柱命式なのだ。したがって、その後の彼女の人生、つまり“ニャンニャン写真”が撮られて「わらべ」ではいられなくなり、芸能界を去り、結婚して2児の母となり、コンビニ経営で失敗し、離婚し、再び結婚し、離婚し…と繰り返した。そこから「局部ピアス」の“全裸写真集”で芸能界に復帰する。まさに、このあたりが彼女の“先天運”としての“無理のない生きざま”なのだ。ところがである。ここから彼女は180度、自分の人生を切り替えるのだ。通信教育で慶応義塾大学を卒業し、さらに大学に入りなおして“国家資格”を習得する。やがて“薬物依存”の人達や“認知症”の人達に寄り添う「精神保健福祉士」としてのエキスパートに変わっていく。「先天運」に依存して生きようとする多くの人達に、それを“乗り越えた生き方”があることを、彼女は身をもって教えようとしている。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.