今日の迷言・余言・禁言

「希望」がしぼみそうな風船!

とうとう小池百合子氏が追い込まれてきた。まあ、最初から予想出来てはいたんだけど…。おそらく、彼女自身もこんな風になっていくとは思わなかったに違いない。元々マスコミ出身で、マスコミを上手く活用することにはたけていた。だから“都知事選”の時には、それを上手く活用して、予想以上の“追い風”を得た。“都議会選挙”でも、予想をはるかに上回る得票を得た。怖いものなしだった。マスコミと大衆は、私に“味方してくれている”と思ったことだろう。けれども、マスコミの“風向き”は、常に“追い風”とは限らない。今回は“出だし”からしてギクシャクしていた。「政権交代」を旗印に掲げたが、それを旗印にしたがゆえに、“準備不足”が露呈した。「希望」という風船は、最初だけ輝いているように見えたが、そして大きく膨らんでいくように見えたが、早くも“色褪せて”しぼんでしまいそうな危うさである。都知事になった時、このまま順調にいけば“総理大臣の椅子”も手に入る…ともくろんでいた彼女は、今や“都知事の椅子”さえも危うくなり始めている。「都民ファースト」からの離反者も出てきた。世論調査でも、このままでは50~60の議席数が良いところであろう。とても「政権交代」を叫べるような議席数ではない。仮に自分自身が立候補しても、今の情勢では大量得票は望みようがない。第一、主張していることがよく解からない。“阿部政権打倒”は解かっても、そのあと“何をしてくれるのか”がよく解からない。これでは、応援のしようがない。特に“民進党生き残り”の方々が入って来たことで、余計にわからなくなった。かつて「民主党」は、自民党政権を“変わらせて見せてください”と大衆に願い、その願望を達成したが、その結果、何が起こったのかというと、“混乱”が起こった。彼らは“役人”を“クズ扱い”していたので、そういう人たちの元で働くことになった役人たちは、当然のように“協力的”とは言えなかった。結局「日本国」そのものの機能が十分には果たせなくなったのだ。その時の首相だった人は、未だに韓国に対して「謝るべきだ」というようなことを言っている。米軍基地問題でも、一時、アメリカと対立するような状態に陥った。よく、米軍基地に関して北朝鮮問題がクローズアップされるが、実際には北朝鮮よりも中国の方が怖いのだ。もし、米軍基地がなくなれば、必ず、中国が日本を侵略してくる。だから米軍基地は必要なのだ。それにしても、気になるのは小池氏の“都知事の椅子”で、その任期を全うできるのだろうか。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.