今日の迷言・余言・禁言

「平成」最後の年に「怪物」は蘇るか

かつて「平成の怪物」と呼ばれていた男がいた。今となっては誰も振り返らないプロ野球選手・松坂大輔氏である。昔、あれほどの“人気”を誇っていたのがウソのようですらある。その松坂大輔選手が中日ドラゴンズのユニフォームを着ることになった。公式には中日の“入団テスト”を受けてから決まることになっているが、実質的には“内定”している。“現役”にしがみつきたい松坂の想いと、かつての“人気”に縋りつきたい中日の想いが見事に一致しての入団だ。3年間のソフトバンク時代には“1勝”も出来なかった。1軍登板したのも1イニングだけという悲惨さである。そんな松坂だが年齢的にはまだ37歳で“現役”としてやれない年齢ではない。肩の故障さえなければ…と本人は思っているかもしれないが、そうではない。一番の問題は精神面なのだ。十代半ばから「平成の怪物」として、マスコミがこぞって褒め称えた。どこへ行っても“大人気”だった。その記憶が抜けていないのだ。だから“ゼロからの再出発”という気持ちにどうしてもなれない。本来ならソフトバンクからの“コーチ契約オファー”を蹴ることなど出来ない。何しろ3年間、まったく働かなかったのに12億もの“契約金”を手にしたのだ。恩義がある。それなのに蹴ったのだ。そういう“傲慢”なところが一番の問題点なのだ。もし、彼が新天地で本当に“ゼロからの再出発”という意識に切り替えることが出来れば、元々の素質が蘇って“平成最後の年”となる2018年に“平成の怪物”としての“最後の力”を呼び戻すことが出来るだろう。37歳という年齢は、まだまだその“力量”が枯れ切ってはいない年齢だからである。けれども、かつての“記憶”に縋りついている内は“蘇る”ことなど出来ない。スポーツ選手にしろ、芸能人にしろ、十代半ばから“人気の頂点”に立ち、黙っていても“大金が舞い込んでくる”生活を経験した者は、どうしても“その感覚”が抜けていかない。人間としての“精神的な成長”が止まってしまう人達が多い。それを見越して“神”は試練を与える。人生は長いのだ。その試練の中で、人間的に“大きく飛躍した人”は、長い試練の後で、再び栄光を取り戻すことが出来る。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.