今日の迷言・余言・禁言

「平昌五輪」が危ない‼

2月9日に開催予定の「平昌冬季五輪」だが、いろいろな意味で“危ない状況”となっている。まず、第一に入場券が大量に売れ残っている。当然と言えば当然の話で、真冬の平昌は寒い。そして、風が強い。開会式などもアメリカのTV中継に合わせてスタートするので夜に行われる。夜中に震えながら見ていなければならないのだ。観戦チケットの売り上げは25万枚以上も売れ残っている。大体、今回のオリンピックは“政治色”が強い。「平和の祭典」などという“うたい文句”は絵空事だ。国際的には自制が促されているが、開会式の前日に北朝鮮では“弾道ミサイル”などの軍事パレードが大々的に行われる公算が強い。元々は4月25日に行うはずだったものを、何故か2月8日に変更したのだ。北朝鮮の意向によって、いくつかの競技で南北の“合同チーム”も結成された。女子アイスホッケーの合同チーム結成は、選手など誰一人知らない間に決定されていた。韓国チームの選手団ユニフォームも、本来は自国の国旗が胸に入るはずだったのに、青い“朝鮮半島全体”の「統一旗」のマークに変わった。金正恩氏の“野望”は、最終的に南北を統一し、自分が統一国の大統領となることなのだ。このような雰囲気を察知してなのか、昨年、五輪ボランティアとして登録された人数は1万8000名だったが、3000名が辞退してしまった。もう一つ、注目すべきニュースがある。アメリカから参加する選手たち約700名が平昌のホテルではなく、2時間もかかる仁川のホテルの切り替えたというのだ。なぜか。北朝鮮などからの“テロで襲撃される”危険性が一部から指摘されているからだ。アメリカのFBIからも万一に備え30名が急遽、韓国入りすることとなった。そんな中で行われるのが今回の“冬季五輪”なのだ。華やかな演出で「世界の平和」をアピールするに違いないが、実際には「緊張感漂う祭典」となるのに違いない。


最近の記事はこちら

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.