今日の迷言・余言・禁言

「平昌五輪」が危ない‼

2月9日に開催予定の「平昌冬季五輪」だが、いろいろな意味で“危ない状況”となっている。まず、第一に入場券が大量に売れ残っている。当然と言えば当然の話で、真冬の平昌は寒い。そして、風が強い。開会式などもアメリカのTV中継に合わせてスタートするので夜に行われる。夜中に震えながら見ていなければならないのだ。観戦チケットの売り上げは25万枚以上も売れ残っている。大体、今回のオリンピックは“政治色”が強い。「平和の祭典」などという“うたい文句”は絵空事だ。国際的には自制が促されているが、開会式の前日に北朝鮮では“弾道ミサイル”などの軍事パレードが大々的に行われる公算が強い。元々は4月25日に行うはずだったものを、何故か2月8日に変更したのだ。北朝鮮の意向によって、いくつかの競技で南北の“合同チーム”も結成された。女子アイスホッケーの合同チーム結成は、選手など誰一人知らない間に決定されていた。韓国チームの選手団ユニフォームも、本来は自国の国旗が胸に入るはずだったのに、青い“朝鮮半島全体”の「統一旗」のマークに変わった。金正恩氏の“野望”は、最終的に南北を統一し、自分が統一国の大統領となることなのだ。このような雰囲気を察知してなのか、昨年、五輪ボランティアとして登録された人数は1万8000名だったが、3000名が辞退してしまった。もう一つ、注目すべきニュースがある。アメリカから参加する選手たち約700名が平昌のホテルではなく、2時間もかかる仁川のホテルの切り替えたというのだ。なぜか。北朝鮮などからの“テロで襲撃される”危険性が一部から指摘されているからだ。アメリカのFBIからも万一に備え30名が急遽、韓国入りすることとなった。そんな中で行われるのが今回の“冬季五輪”なのだ。華やかな演出で「世界の平和」をアピールするに違いないが、実際には「緊張感漂う祭典」となるのに違いない。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.