今日の迷言・余言・禁言

「平昌五輪」が危ない‼

2月9日に開催予定の「平昌冬季五輪」だが、いろいろな意味で“危ない状況”となっている。まず、第一に入場券が大量に売れ残っている。当然と言えば当然の話で、真冬の平昌は寒い。そして、風が強い。開会式などもアメリカのTV中継に合わせてスタートするので夜に行われる。夜中に震えながら見ていなければならないのだ。観戦チケットの売り上げは25万枚以上も売れ残っている。大体、今回のオリンピックは“政治色”が強い。「平和の祭典」などという“うたい文句”は絵空事だ。国際的には自制が促されているが、開会式の前日に北朝鮮では“弾道ミサイル”などの軍事パレードが大々的に行われる公算が強い。元々は4月25日に行うはずだったものを、何故か2月8日に変更したのだ。北朝鮮の意向によって、いくつかの競技で南北の“合同チーム”も結成された。女子アイスホッケーの合同チーム結成は、選手など誰一人知らない間に決定されていた。韓国チームの選手団ユニフォームも、本来は自国の国旗が胸に入るはずだったのに、青い“朝鮮半島全体”の「統一旗」のマークに変わった。金正恩氏の“野望”は、最終的に南北を統一し、自分が統一国の大統領となることなのだ。このような雰囲気を察知してなのか、昨年、五輪ボランティアとして登録された人数は1万8000名だったが、3000名が辞退してしまった。もう一つ、注目すべきニュースがある。アメリカから参加する選手たち約700名が平昌のホテルではなく、2時間もかかる仁川のホテルの切り替えたというのだ。なぜか。北朝鮮などからの“テロで襲撃される”危険性が一部から指摘されているからだ。アメリカのFBIからも万一に備え30名が急遽、韓国入りすることとなった。そんな中で行われるのが今回の“冬季五輪”なのだ。華やかな演出で「世界の平和」をアピールするに違いないが、実際には「緊張感漂う祭典」となるのに違いない。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.