今日の迷言・余言・禁言

「平等」って、何?

世の中には何事も「平等」でなければ気のすまない人たちがいる。だが、現実には「平等」なんてものはあり得ない。「平等」というのは“看板”であり“見せ掛け”である。だから、そこに手を突っ込んじゃいけないのだ。ところが、どうしても「平等」というものが“存在している”と錯覚する人が後を絶たないので、いろいろな悲劇が始まるのだ。例えば東京メトロなどの電車で「女性専用車両」があって、そこに“男女平等の精神”から男性たちが乗り込み、それを女性達が咎めて、結局、電車の発車が遅れる事態となった問題。一言で言えば「なんか変」。まあ、乗り込む方も乗り込む方だが、出て行けという方もどうかしている。たまに“へんなの”が紛れ込んで来たって良いじゃない。というか、私は昔、間違えて、実際に乗り込んでしまったことがある。その時、車内はすいていたので、何の躊躇もなく空いている座先に座った。そうしたら何人かの女性の視線がいっせいに私に向けられた。私は何なのか、まだ気づかなかった。そして、何となく車内を見回してハタと気付いた。ただ気付いたが、そこで立つのも面倒だったので、下りるところまで乗っていた。最後まで“ここをどこだと思っているのよ”的な視線で見つめていた女性が一人いたが、口には出してこなかった。それ以降、やはり、私は“嫌な思い”をしたくないので気を付けている。そういう間違いって生活のなかでよくあることで、誰にも直接的に迷惑をかけたわけではない。まあ、気付いた時点で「申し訳ありませんでした」と大きな声で言って立ち去るべきだったのかもしれないが、それも「なんか変」。結局、日本語の読めない外人とか、最近だと“女装している男性”とか、“心は女だ”と言い張る男性とか、男か女か判然としていない3歳くらいの男児とか、同じように男か女か判然としなくなった80代以上の老人とか、いろんな人もいる。それに、こんなことを言うと叩かれそうであるが、男性側からすると絶対、痴漢とかの対象から外されそうな女性が「私は女よ」と、誇らしげに車両を陣取っていたりする。「なんか変」。とにかく、世の中「平等」なんてないので、その点で争うのは止めた方が良いかなと…。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.