今日の迷言・余言・禁言

「年上女性」が“結婚”をリードする令和⁉

世界に誇れる「令和美人」の二人が同じ日に“結婚”を公表した。その一人は元宝塚で女優の遼河はるひ氏であり、もう一人はフリーアナウンサーで動物愛護家でもある滝川クリステル氏である。そして、そのお相手は、遼河氏の方がプロサッカー選手・鈴木彩貴氏であり、滝川氏の方が将来の総理候補・小泉進次郎氏である。両カップル共、どのマスコミにも“気付かれることなく密かに”恋を育ててきた。滝川氏の方は妊娠もしていて、安定期に入ったことでの発表となった。両カップル共に女性の方が年上で高収入でもある。特に遼河氏の方は、11歳も年上で収入面でも圧倒的な開きがある。けれども、そういう部分を躊躇した形跡はない。元々宝塚時代“男役”だった遼河氏はリードする側としての心得があった。彼女のコメント「笑えるくらい真面目で純粋な彼」という表現に、愛情の全てが詰まっている。滝川氏の方は「お・も・て・な・し」で東京にオリンピックを引き寄せた原動力であり、“未来のファーストレディ”としての資質を十分に備えている。今や“トップ政治家の妻”は国際人としての素養が必要とされる時代になった。そういう意味では、機転が利き陰からも夫を支えられるし、動物愛護などを通じて表からも“国際交流”で存在感を発揮できる。これまで何度か“熱愛報道”があった滝川氏は、干支暦上では「辛卯」日の生れで、この干支は“愛のさすらい人”に多い。それなりの恋愛遍歴は当然かもしれないのだ。しかも生れ日の十二支と生れ月の十二支とが“支冲”関係で、35歳以前の結婚は離別を招く。実は小泉進次郎氏の方も生れ日の十二支と生れ月の十二支とは“支冲”関係なのだ。そういう意味では二人とも35歳を過ぎて“交際”へと発展したことが「結婚」まで辿り着いた秘訣かも知れない。但し、進次郎氏の方は太陽と金星とが0度一体化している。この惑星配置は愛情が強すぎて“他にも女性が出来やすい”生れなのだ。「鎧を脱いでも良い」女性はクリステル氏だけにした方が良い。“別れることに躊躇しない”のが「辛卯」日生れ女性の特徴だからだ。


最近の記事はこちら

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

従業員は「命預けます」と言えるか⁉

大昔「命預けます」という題名の歌があった。それを何んとなく思い出した。多分、それに近い意識を持たないと“出資は出来ない”だろうととも思った。何しろ金額が半端ではない。日本円で2兆1300億円なのだ。そ…続きを読む

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.