今日の迷言・余言・禁言

「年上女性」が“結婚”をリードする令和⁉

世界に誇れる「令和美人」の二人が同じ日に“結婚”を公表した。その一人は元宝塚で女優の遼河はるひ氏であり、もう一人はフリーアナウンサーで動物愛護家でもある滝川クリステル氏である。そして、そのお相手は、遼河氏の方がプロサッカー選手・鈴木彩貴氏であり、滝川氏の方が将来の総理候補・小泉進次郎氏である。両カップル共、どのマスコミにも“気付かれることなく密かに”恋を育ててきた。滝川氏の方は妊娠もしていて、安定期に入ったことでの発表となった。両カップル共に女性の方が年上で高収入でもある。特に遼河氏の方は、11歳も年上で収入面でも圧倒的な開きがある。けれども、そういう部分を躊躇した形跡はない。元々宝塚時代“男役”だった遼河氏はリードする側としての心得があった。彼女のコメント「笑えるくらい真面目で純粋な彼」という表現に、愛情の全てが詰まっている。滝川氏の方は「お・も・て・な・し」で東京にオリンピックを引き寄せた原動力であり、“未来のファーストレディ”としての資質を十分に備えている。今や“トップ政治家の妻”は国際人としての素養が必要とされる時代になった。そういう意味では、機転が利き陰からも夫を支えられるし、動物愛護などを通じて表からも“国際交流”で存在感を発揮できる。これまで何度か“熱愛報道”があった滝川氏は、干支暦上では「辛卯」日の生れで、この干支は“愛のさすらい人”に多い。それなりの恋愛遍歴は当然かもしれないのだ。しかも生れ日の十二支と生れ月の十二支とが“支冲”関係で、35歳以前の結婚は離別を招く。実は小泉進次郎氏の方も生れ日の十二支と生れ月の十二支とは“支冲”関係なのだ。そういう意味では二人とも35歳を過ぎて“交際”へと発展したことが「結婚」まで辿り着いた秘訣かも知れない。但し、進次郎氏の方は太陽と金星とが0度一体化している。この惑星配置は愛情が強すぎて“他にも女性が出来やすい”生れなのだ。「鎧を脱いでも良い」女性はクリステル氏だけにした方が良い。“別れることに躊躇しない”のが「辛卯」日生れ女性の特徴だからだ。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.