今日の迷言・余言・禁言

「年内終結」のメドが立ったコロナショック⁉

私は以前から「株価」が“時代”を先行する、と述べてきた。これは別に“私が述べた”というより“歴史的にそうなっている”ということだ。そこで“時代”の少し先を知るためには「株価の動き」を観れば良い、ということになる。もう少しだけ先を読むためには、株価の動きを予測すれば良い、ということになる。そこで、世界の“株”の中心的存在であるニューヨークの株価が重要になる。このところは連日下げ続けていて、一見すると、終わりがないように見える。けれども、よくよく“長期のグラフ”から推測すると、大体「ダウ」は18000ドル付近で“下げ止まる”ことが予測される。つまり、あと、もう少し(600ドル程度)なのだ。今日もそのくらい下がっているので、もしかしたら明日そこに到達するかもしれないし、明後日かもしれない。少なくとも、今週中には到達する、と私には観ている。そうすると、ひとまず「株価」は下げ止まり、そして一気に急上昇する。下げ方が一気なので、上昇する時にも途中までは一気なはずなのだ。さて、日本の方はどうなのかというと、これが実は既に“その兆し”が見えてきた。昨日、久しぶりに「日経平均」は300円以上も値上がりした。アメリカは“下げて”戻って来たのに、日本の株は値上がりしたのだ。なぜなのかというと、ドル円相場で“円安”となり、日本の株には有利に働いているからだ。以前、私はこのことについて指摘した。一気に“円安方向”に転換したから、日本の経済は世界に“先立って”戻っていく可能性があると…。この私の予告通りに「日経平均」が“戻り歩調”を取り始めた可能性はある。但し、その時にも述べたように、もう一つの指標である「原油価格」が戻っていない。むしろ、あの時よりも低下しているのだ。あの時は33ドルくらいまで上昇していたが、今は23ドルまで下降してしまった。これではとても「欧州からの投資資金」は日本株に戻らない。したがって、まだ本当に「戻った」とは言えない。少なくとも原油価格が45ドルくらいになるまでは無理なのだ。ただドル円相場は間違いなく“円安転換”した。これが救いで「日経平均」はまだ“底を打った(16000円付近)”と言い切れないが、とりあえず、いったん上昇する可能性は高い。つまり、日本の“経済”はいったん大きく落ち込むが、意外と立ち直りは他の国よりも早い可能性があるということだ。日本に対して「悲観論」が充満しているが、実際、感染者の数にしても、日本は意外なほど少ないままなのだ。日本の場合は「年内終結」のメドが立ちそうな雲行きに変わりつつある。


最近の記事はこちら

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.