今日の迷言・余言・禁言

「年賀状」にあふれるデザインセンス

この時期になると、そろそろ年賀状を書かなければ…といつも思う。思うのだが、実行はしない。そのうち…と思いながらギリギリになっていく。正確にいうと「年賀状」そのものは既に印刷されていて出来上がっている。書かなければならないのは“宛名”とか、余白の一言とかだ。だから、実際にはそれほど難しいこともなく、TVを見ながら少しづつ書けば良さそうなものだが、これが難しい。私の場合、元々“年賀状デザイン”には“自分らしさ”が出るよう一般の方が使用しないようなデザインを採用する。今年の場合は、黒塗りのバックを背景に和風の印象が強いデザインを選んだ。小さく「迎春」としか記されていない。挨拶の言葉も、既存のものでなく毎年「自分の言葉に差し替えたもの」を使用している。したがって、完全なオリジナルの“年賀状”となる。そうでなければ、出す意味などない。私は「年賀状」に個々のデザインセンスが無意識の上で反映されると思っている。本来であれば、だから最初の原画から自分で描くのが本当は良いのだ。日本で「年賀状」のやり取りが始まったのは、なんと平安時代にまでさかのぼる。貴族や公家たちが遠方には「年始回り」が出来ないので“書をしたためて行った”のが始まりらしい。その後、武家社会になって近隣でも“文書による年賀状”が流行し、明治維新まではその形式が続いた。「郵便はがき」が誕生したことで、年賀状はいつの間にか“はがきによる年賀状”へと変わったのだ。ちなみに「喪中」で年賀を欠礼するのは、本当は“天皇崩御の年”に限られていたらしい。考えてみれば、その方が合理的である。そういうわけで厳密にいえば“喪中の年”だが、私は気にすることなく「おめでとう」という文言のない年賀状を書く。


最近の記事はこちら

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

趣味を「仕事」にする魔法の方法

私が、もう40年以上も続けている習慣がある。いや50年近いのか。とにかく長続きしている習慣だ。それは朝に髪を洗うことで、俗にいう「朝シャン」である。考えてみると本当に長続きしている。何のことはない朝に…続きを読む

“遊ぶ金”欲しさで、一生を棒に振る若者たち

昨日、広島県で会社役員ら5名が「給付金詐欺容疑」で逮捕された。逮捕者以外にも十数人が関わっている模様で、かなり組織的に行われた様相が出てきた。この「給付金」は、元々フリーなどで働く“個人事業主”を対象…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.