今日の迷言・余言・禁言

「幸福度ランキング」って何かが違う

国連(UN)が毎年発表する「世界幸福度報告書」と呼ばれるものがある。国別で“幸せな国はどこか”探そうという調査報告書である。それなりの根拠があるのかもしれないが、今年は昨年4位から1位へノルウェーが躍り出た。2位デンマーク、3位アイスランド、4位スイスと続く。なんとなく冬山の多いイメージ的に“白い国”が多い。日本の中でだと“北海道”だけ独立させればランクインしそうな選抜。でも実際には“福祉”というものの充実度がランクを動かしている部分が多そうである。アメリカは14位、ロシアは49位、日本は51位、韓国は56位、中国は79位と振るわない。もちろん、福祉だけでなく、“自由”とか、“健康”とか、“良好な統治”とかも加わるらしい。確かに、国として考えるなら、福祉が行き届いていて、あらゆる自由が保障され、病気になる確率が低く、国内が平和であれば、個々の人々にとっても“幸せを掴みやすい”のには違いない。けれども、どの国に住もうと“幸福な人”はいるし、“不幸な人”もいる。残念ながら、国だけが“個人の幸福”を与えられるものではない。そして“幸福な人”というのは、どの国でも似たり寄ったりなのだが、“不幸な人”というのはそれぞれに違っている。この報告書の中では“不幸を招く原因”の一つとして“精神疾患”を掲げている。つまり、“心の病”が国中にはびこると“幸福は遠のいていく”というのだ。それはそれでもっともな話だが、その“心の病”はどうすれば取り除けるのかについては記されていない。“福祉を充実させれば良い”という単純な問題ではない。“身体の病”も“心の病”も治す特効薬は、永遠に手に入らないものなのか、神様は黙して語らない。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.