今日の迷言・余言・禁言

「幸福度ランキング」って何かが違う

国連(UN)が毎年発表する「世界幸福度報告書」と呼ばれるものがある。国別で“幸せな国はどこか”探そうという調査報告書である。それなりの根拠があるのかもしれないが、今年は昨年4位から1位へノルウェーが躍り出た。2位デンマーク、3位アイスランド、4位スイスと続く。なんとなく冬山の多いイメージ的に“白い国”が多い。日本の中でだと“北海道”だけ独立させればランクインしそうな選抜。でも実際には“福祉”というものの充実度がランクを動かしている部分が多そうである。アメリカは14位、ロシアは49位、日本は51位、韓国は56位、中国は79位と振るわない。もちろん、福祉だけでなく、“自由”とか、“健康”とか、“良好な統治”とかも加わるらしい。確かに、国として考えるなら、福祉が行き届いていて、あらゆる自由が保障され、病気になる確率が低く、国内が平和であれば、個々の人々にとっても“幸せを掴みやすい”のには違いない。けれども、どの国に住もうと“幸福な人”はいるし、“不幸な人”もいる。残念ながら、国だけが“個人の幸福”を与えられるものではない。そして“幸福な人”というのは、どの国でも似たり寄ったりなのだが、“不幸な人”というのはそれぞれに違っている。この報告書の中では“不幸を招く原因”の一つとして“精神疾患”を掲げている。つまり、“心の病”が国中にはびこると“幸福は遠のいていく”というのだ。それはそれでもっともな話だが、その“心の病”はどうすれば取り除けるのかについては記されていない。“福祉を充実させれば良い”という単純な問題ではない。“身体の病”も“心の病”も治す特効薬は、永遠に手に入らないものなのか、神様は黙して語らない。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.