今日の迷言・余言・禁言

「幸運な人生」とは何だろう

歌手でタレントの森口博子氏が「母の日」にステーキを平らげる81歳の母親とのツーショットを掲げて「元気が何より」と綴っている。そうか、もう彼女も“81歳の母親”を持つような年齢となったのか。そのことに驚く。デビュー当時からあまり変わらない印象だが、彼女自身も49歳になっていた。もはや「アイドル」という年齢ではない。不思議なことに、特別なヒット曲があるわけでもなく、特別な個性とか特徴があるでもなく、どこにでもいる“明るい印象のタレントさん”だが、それでも未だに時々“忘れない程度”にTVなどにも出て来る。この“忘れない程度”に出て来るというのが大切で、一時的にTVや雑誌に出まくる人よりも、歌手やタレントとしての寿命は長いことが通例だ。彼女の場合、一時的には「バラドル」タレント的な要素もあったが、それも大人気になったわけでもなく、どの分野でも“そこそこ”だった。けれども、長期的にトータルで見ると、そういう歌手やタレントの方が長寿命で極端に落ちぶれない。誰もが知っている歌がない、というのは歌手として寂しいかもしれないが、大方の人は知っている歌手・タレントであることは誇りを持って良い。そうして、いつか彼女の母親のような高齢となっても、いつまでも若々しい姿のままで歌い続けていられたなら、最高の“歌手人生”なのではないだろうか。恋愛や結婚の“噂”がないことも、この人の特徴で、そういう点ではあけっぴろげのように見えて案外“秘めたままの部分”を残しているようにも見える。けれどもスキャンダルがなかったことが、もしかすると“或る種の清潔感”として保たれ、幅広い年代に受け入れられた要因かもしれない。或いは同じような“生き方”をしてきた同世代の女性達が、応援し続けている結果なのかもしれない。いずれにしても「華やかにヒットを飛ばす」ことだけが芸能界の“生き方”ではないことを、無意識に教えようとしている。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.