今日の迷言・余言・禁言

「幸運の大三角形」は「悪魔の大三角形」となった

よく「幸運な人生」とか「不運な人生」とかいうが、私は時々そういう捉え方に疑問を抱く。「幸運な人生」のはずが、そうではなくなってしまうケースをたくさん見て来たからだ。例えば、昨日、オウム真理教関連の死刑囚たちが次々と処刑された。その中に土屋正実(53歳)という人物がある。この人の生年月日は“四柱命式”で観ても、“ホロスコープ”で観ても、大変に恵まれた星の配置を持っていて、通常の社会生活を歩めば、幸運な人生を歩んでゆくものと推命家や占星家なら判断するのが普通だ。けれども実際には法廷において「悪魔に魂を売り渡した殺人化学者」という検察官らしからぬ“文学的表現”で心底蔑視された人物である。実際、オウム真理教ではサリンやVXといった“殺人兵器”の生成を主導した。人生の途中までは頭脳優秀な化学者としてエリート街道を歩んだのだが、入信して以降は或る意味では検察の言う通り、悪魔に魂を売り渡したのだ。そのホロスコープには滅多に見られない「幸運の大三角形」とも呼ばれる惑星配置があった。それも、太陽&木星&冥王星・天王星の4星が120度の配置で構成する“正三角形”で、通常の人生を歩んだなら社会的成功者となること間違いなしの構図と言える。もっとも考えようによっては、オウム真理教内でも異例の“スピード出世”で、今回処刑された7人の中でも一番遅く入信しているのだ。それなのに彼専用の“研究室”が与えられ、教祖側近の一人となっていた。もし、彼がまともに大手製薬会社とか科学的な研究機関に勤務していたなら、間違いなく優秀な化学者として人類に貢献するような“新薬”とか“特許品”を生み出したに違いない。けれども、文字通り“悪魔に魂を売り渡した”結果、成功すべき人生を棒に振ったのだった。ただ私が解らないのは、彼には“人生で大きく悩む要素”が見当たらないことである。それなのにオウムに加わった理由がわからないのだ。もしかすると、より早く“化学者”としての成果を実証できることが魅力だったのだろうか?


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.