今日の迷言・余言・禁言

「幸運の大三角形」は「悪魔の大三角形」となった

よく「幸運な人生」とか「不運な人生」とかいうが、私は時々そういう捉え方に疑問を抱く。「幸運な人生」のはずが、そうではなくなってしまうケースをたくさん見て来たからだ。例えば、昨日、オウム真理教関連の死刑囚たちが次々と処刑された。その中に土屋正実(53歳)という人物がある。この人の生年月日は“四柱命式”で観ても、“ホロスコープ”で観ても、大変に恵まれた星の配置を持っていて、通常の社会生活を歩めば、幸運な人生を歩んでゆくものと推命家や占星家なら判断するのが普通だ。けれども実際には法廷において「悪魔に魂を売り渡した殺人化学者」という検察官らしからぬ“文学的表現”で心底蔑視された人物である。実際、オウム真理教ではサリンやVXといった“殺人兵器”の生成を主導した。人生の途中までは頭脳優秀な化学者としてエリート街道を歩んだのだが、入信して以降は或る意味では検察の言う通り、悪魔に魂を売り渡したのだ。そのホロスコープには滅多に見られない「幸運の大三角形」とも呼ばれる惑星配置があった。それも、太陽&木星&冥王星・天王星の4星が120度の配置で構成する“正三角形”で、通常の人生を歩んだなら社会的成功者となること間違いなしの構図と言える。もっとも考えようによっては、オウム真理教内でも異例の“スピード出世”で、今回処刑された7人の中でも一番遅く入信しているのだ。それなのに彼専用の“研究室”が与えられ、教祖側近の一人となっていた。もし、彼がまともに大手製薬会社とか科学的な研究機関に勤務していたなら、間違いなく優秀な化学者として人類に貢献するような“新薬”とか“特許品”を生み出したに違いない。けれども、文字通り“悪魔に魂を売り渡した”結果、成功すべき人生を棒に振ったのだった。ただ私が解らないのは、彼には“人生で大きく悩む要素”が見当たらないことである。それなのにオウムに加わった理由がわからないのだ。もしかすると、より早く“化学者”としての成果を実証できることが魅力だったのだろうか?


最近の記事はこちら

「恥ずかしながら…」復活する“日の丸弁当”⁉

懐かしい響きの言葉に「日の丸弁当」というのがある。この弁当を説明しなくても解かる人は、それなりの“お歳”かもしれない。お弁当箱を開けた時、真ん中に“丸い梅干し”だけが入っていると「日の丸」が誕生するの…続きを読む

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.