今日の迷言・余言・禁言

「幸運の大三角形」は「悪魔の大三角形」となった

よく「幸運な人生」とか「不運な人生」とかいうが、私は時々そういう捉え方に疑問を抱く。「幸運な人生」のはずが、そうではなくなってしまうケースをたくさん見て来たからだ。例えば、昨日、オウム真理教関連の死刑囚たちが次々と処刑された。その中に土屋正実(53歳)という人物がある。この人の生年月日は“四柱命式”で観ても、“ホロスコープ”で観ても、大変に恵まれた星の配置を持っていて、通常の社会生活を歩めば、幸運な人生を歩んでゆくものと推命家や占星家なら判断するのが普通だ。けれども実際には法廷において「悪魔に魂を売り渡した殺人化学者」という検察官らしからぬ“文学的表現”で心底蔑視された人物である。実際、オウム真理教ではサリンやVXといった“殺人兵器”の生成を主導した。人生の途中までは頭脳優秀な化学者としてエリート街道を歩んだのだが、入信して以降は或る意味では検察の言う通り、悪魔に魂を売り渡したのだ。そのホロスコープには滅多に見られない「幸運の大三角形」とも呼ばれる惑星配置があった。それも、太陽&木星&冥王星・天王星の4星が120度の配置で構成する“正三角形”で、通常の人生を歩んだなら社会的成功者となること間違いなしの構図と言える。もっとも考えようによっては、オウム真理教内でも異例の“スピード出世”で、今回処刑された7人の中でも一番遅く入信しているのだ。それなのに彼専用の“研究室”が与えられ、教祖側近の一人となっていた。もし、彼がまともに大手製薬会社とか科学的な研究機関に勤務していたなら、間違いなく優秀な化学者として人類に貢献するような“新薬”とか“特許品”を生み出したに違いない。けれども、文字通り“悪魔に魂を売り渡した”結果、成功すべき人生を棒に振ったのだった。ただ私が解らないのは、彼には“人生で大きく悩む要素”が見当たらないことである。それなのにオウムに加わった理由がわからないのだ。もしかすると、より早く“化学者”としての成果を実証できることが魅力だったのだろうか?


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.