今日の迷言・余言・禁言

「幸運の女神」は“めげない人”に微笑む

一度の挫折や失敗で「自分は不運だ」と勘違いする人が多い。二度目の失敗で「もうダメだ」と自暴自棄になってしまう人も多い。その一方、何度失敗しても、不幸な出来事にあっても、徹底的に打ちのめされても、そこからふらふらと立ち上がって前に進もうとする人もいる。「幸運の女神」が思わず“根負け”して、エールを送りたくなるような人だ。昔から「幸運の女神」に“後ろ髪”はない、と言われる。つまり、出逢ったその時に捕まえなければ、通り過ぎた後で気付いて手を伸ばしても、後ろ髪がないので捕まえられないという例えだ。この部分は重要で、あまりに慎重すぎたり、気迷い多くて決断できない人は「幸運」を逃しやすいということである。「良い」と感じたなら、即行動するのが「幸運の女神」を射止めやすい人なのだ。もっとも「幸運」の“兆し”など全くないのに、自らの妄想だけで「疫病神」を「幸運の女神」と勘違いして追っかけていく人もいる。日頃から自分自身を客観的に“視る眼”を持っている人は、どういう時に“不運”となり、どういう時に“幸運”がやって来やすいか、経験的に把握していくもので、俗にいう「大人になる」ということは、そういう“眼”が養われた状態の人を言う。だから、どんなに齢をとっても「大人になれない」人はいる。昨日、各地で選挙が行われたが、その中で「幸運の女神」が“根負け”してエールを送ったのが、金沢市議として初当選した田中美絵子氏である。この人、十年前には「小沢ガールズ」と呼ばれる“国会議員”だった人だ。それが今回は“市議会議員”となった。けれども、正確に言えば今回が「初当選」なのだ。前回は「比例区」での“復活当選”という形で選挙そのもので勝利したわけではない。その後、2012年にも、2014年にも、2017年にも、それぞれ政党を変えたり、候補地を変えたり、形を変えて挑戦しているのだが、選挙に破れ続けてきた。そういう意味では「幸運の女神」から“見放され続けた”十年だったのだ。観方によっては“落ちぶれて”「国会」から「市議会」に辿り着き、やっと当選できた、と見ることも出来る。ただ今回は初めて「無所属」という形で、どこの看板も背負わずに当選できた。言ってみれば純粋な「田中美絵子票」によって当選できたのだ。そのことに価値がある。さらに、金沢市は彼女自身の故郷でもある。純粋に“自分が育った場所”の人達に支持されたのだ。実はこの人、社会人になってから大学に入りなおして本格的に政治の勉強を志した人である。官僚との“不倫疑惑”で主婦層から反感を買い、地獄へと突き落とされたのだが、まだ43歳、地元で成果を残して「国会」に戻っても遅くはない。今回は「幸運の女神」を真正面から捕まえた。丁度、幸運の惑星「木星」が彼女の出生時・太陽に“0度一体化”したときが投票日だった。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.