今日の迷言・余言・禁言

「幸運の女神に後ろ髪はない」って本当か?

時々思うのだ。「幸運の女神に後ろ髪はない」というのは本当なのだろうかと…。第一「幸運の女神」そのものに、ついぞ出逢った記憶がない。きっと「女神」というくらいだから“麗しい”に違いないが、街を歩いていても、それらしい人には一向に出逢わない。だが考えてみると「後ろ髪がない」っていうのは、なかなか奇妙ではないか。というか、ちょっと“妖しい”。それに第一、後ろ髪がないから「通り過ぎる手前で捕まえろ!」という意味なのだが、仮に“麗しい人”が来たとして、それを横切る手前で本当に“捕まえて”良いものだろうか。もしかすると、捕まえたとたん往復ビンタを食らうのではないか。或いは“セクハラ”で裁判沙汰となるのではないか。いや絶対そうなるだろう。昔の人の「教え」というのは、これだから困る。いや、仮に“捕まえた”として、そのあと、どうすればよいのだ。「今日は良いお天気ですね」とでもさりげなく言うのか。「だから、何なのよ」と返されて終わりではないのか。そうではなくて「もしかしたら、幸運の女神では…」と訊くべきなのだろうか。「そう思いになられるのなら後ろに回ってみれば?」と告げられて、後ろに回ってみたとする。やっぱり、後ろ髪がない。幸運の女神と確信をして掴もうとするが、そう、後ろ髪がないのだ。だから、すたすたと先に進んでいって、結局、捕まえられないって、この話、やばくねぇ。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.