今日の迷言・余言・禁言

「心臓なんていらない」という時代

怖い時代がやってきつつある。心臓がなくても生きていけるのだそうだ。事実、アメリカ・ミシガン州のスタン・ラーキン氏(25歳)は背中に“人工心臓”を背負ったまま555日間も普通に生活していたのだ。決してびくびく生活したのではない。なんとそういう姿のままバスケットボールを楽しんだりしたという。5月にやっとドナーが現れ、心臓移植手術をして、ようやく退院となったらしいが、なんとなく“人工心臓”の時の方が自由に動き回っているような気がしてくるから不思議だ。大昔、われわれは「心臓があるから生きている」と教わった記憶がある。「魂」は“ここ”に宿っている、という教えもあった。けれども、今や「魂」は“どこ”に行ったか知らないが「心臓なんていらない」という時代が、もうそこまで来ている感さえある。そういえば世界最高峰のハーバード大学では“遺伝子操作”によって“若返りを可能にする薬”が研究中とのことである。もし、それが成功すれば、人間は“150歳まで生きるようになる”のだという。これって、喜ぶべきことなのか、戸惑うべきことなのか「死ぬ」という“怖い感じ”は嫌なのだが、別にそんなにまで「生きたい」とも思わない。というか「生きたくない」。普通に健康なら良いけど、今でさえ“危うい”のに10年先、20年先、普通に健康のままいられる自信がない。ただ本当に“若返り”が可能なら嬉しいのだが、多分、実用化は30年以上先だろうから、私には間に合わない。昔、不老不死の薬を求めて、秦の始皇帝などが本気で探させたという逸話もあるが、そんなに“生きてもね”。


最近の記事はこちら

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.