今日の迷言・余言・禁言

「心身とも癒す看護師」のはずが…

看護学校入学時に「心身とも癒す看護師」を目指していた一人の女性は、実際に看護師となって8ヶ月後「何を考え、何をしたいのか、自分に何ができるのか、わからなくて、苦しくて…こんな甘ったれで、ごめんなさい」という遺書を残し、自らの命を絶った。看護師を目指したのは、同居していた祖父母が認知症や糖尿病を患い、看護師の持つ役割や重要性を肌で感じたからだった。それだけに新人看護師として、配属された肺がんや肺病患者の病棟で5人の患者を受け持つことになり、最初は“患者達の心身を癒そう”と必死だったに違いない。けれども元々“胸を患っている”患者達には、簡単には“心を開かない”人達も多い。“心・身”の方の「心」の方を、新人看護師が癒すのは難しいのだ。それならばと今度は「身」の方を、少しでも確実に“癒そう”と彼女は努力する。だから彼女は自宅に戻っても、必死に勉強しなければならなかった。朝4時半には起床し、6時のJRに乗り、勤務先病棟へと向かう。本来の出勤時間よりも早く着き、受け持ち患者の状態を把握したかったからだ。そうして過酷な一日が始まり、すべての対応を終え、先輩看護師に報告し、自宅に戻るのは深夜0時頃となる。そこから自宅での不足知識を補うための勉強が始まる。当然、睡眠時間は2~3時間となる。その彼女が「どうやったら病院に来なくて良いか、存在を消してしまえるか…」と友達にメールを送ったのが7月下旬、新人看護師は入って数か月後には“ギブアップ”寸前だったようだ。そして11月30日には号泣して帰宅。その二日後、ひとり暮らしのアパートで遺体となって発見された。彼女の母親は、娘の死を無駄にしないでほしいと「労災認定」を求め札幌地裁と闘っている。圧倒的な看護師不足を認めながらも、労働基準監督署では、うつ病発祥の労災認定は100時間くらいの時間外労働とはねつけている。こうして“心身を癒そう”とした看護師は、“心身を蝕まれて”亡くなってしまった。


最近の記事はこちら

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.