今日の迷言・余言・禁言

「忙殺」という言葉には“真実”が含まれている

作家の伊集院静氏が、くも膜下出血で倒れて緊急搬送され、翌日手術して一応その手術自体は成功はしたが、まだ眠っている状態で意思確認は出来ていないようである。それに伴い妻で女優の篠ひろ子氏が本名の「西山博子」名義でのコメントを公表した。伊集院氏と言えば、幅広いファンを持つ小説家で、豪快な切り口で人生を語るエッセイストとしても人気があった。したがって新聞や週刊誌や月刊誌での連載が多く、それらを休止せざるを得ない状況に至っている。酒豪家、ギャンブラーとしての「顔」も持つ伊集院氏のことを、私が一番最初に知ったのは“作詞家”としてだった。誰のどんな歌だったか忘れてしまったが、その頃、新進気鋭の作詞家として「良い歌を書く作詞家だな」と思い、同時に「静だから女性なのだな」とも思ったものだ。ところが、そのすぐ後、今度は小説雑誌で“新人賞”を得ていた。そして、そのプロフィールを読んで「男性だったのか」と驚いたものである。さらに、それから少し経って、今度は週刊誌で女優・夏目雅子氏との恋愛・結婚が報道されるようになる。ところが、この結婚生活は長続きせず、あっという間に夏目氏は天国に旅立ってしまった。それからしばらく経って、伊集院氏は小説家として本格的に脚光を浴びだした。そうして私生活の方でも、今度は女優の篠ひろ子氏と結婚してしまった。大物女優二人と、次々と結婚したのは伊集院氏くらいではないだろうか。しかも、彼は夏目雅子氏との結婚以前にも結婚をしていて、実際には夏目氏とは長く不倫関係だったらしい。その一番最初の結婚で産まれた娘さんは、現在女優として活躍しているらしい。とにかく波乱の人生を歩んできたのが伊集院静氏なのだ。酒もギャンブルも健康には良くないが、何よりもがむしゃらなくらい仕事に取り組む姿勢に定評があった。だから、いつも多数の連載を抱え込んでいた。俗にいう「仕事に忙殺される」という状態だったに違いない。それが健康に良いわけがない。「忙殺」という言葉には真実が含まれているのだ。適度に忙しいのは良い。忙しすぎると寿命を縮める。忙しいことが“成功の証し”だと思っているような人が、もっとも危険なのだ。


最近の記事はこちら

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.