今日の迷言・余言・禁言

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなければならないことが沢山ある。その代表的なことの一つが「ぼったくり予算」ではなかった「思いやり予算」についてだ。実は報道機関も、あまり真正面からこの問題を大きく扱っていない。だから日本人の多くも「何のこと?」という人が大半であろう。まず名称が良くない。正式には「在日米軍駐留経費」というのだが、通称は「思いやり予算」として認知されている。アメリカは世界各地に軍隊を派遣している。そして、その経費をその派遣先である各国にも要求し、トランプ大統領が就任以降、その経費の増額を各国に求めている。トランプ氏いわく「アメリカだけが沢山負担するのはおかしい」。けれども、極端なことを言えば勝手によその国にやって来て、その滞在費をお前のところで賄え!と言っているに等しい。けれどもそれを拒否できないのは、実際、そのお陰で“安全が保障されている”部分もあるからだ。アメリカさんが居座ってるなら攻めるの止そう…ということになるからだ。そういうわけで、簡単に無くすわけにもいかないのだが、そうはいってもアメリカさんだって、周辺国に“睨み”を利かせるため陣取っているのであって“善意”で守っているわけでもない。そういう意味ではフィフティフィフティなのだ。さて日本の場合、現在どのくらいアメリカさんに支払っているのかというと約2000億円だ。すごい額である。けれども、トランプ大統領は「日本は裕福な国にも拘らず、米国は多数の金を払っている」ととぼけたことを言っている。そして、現在の日本の負担金を8000億円まで引き上げろ!と打診してきているのだ。なんと強欲で厚かましい要求であることか。今の日本は、決して“裕福な国”なんかではない。なぜ彼は“裕福な国”という誤った認識を持っているのか。それは、彼が青年時代に、つまり不動産屋だった時代に、日本がバブルでアメリカのビルを片っ端から買い占めていた時期があったからだ。あの頃の記憶が抜けないのだ。誰か、彼の頭を冷やしてやってくれ。そうでないと「言いなり予算」になりかねない。いやその前に「思いやり予算」という“言い方”だけでも改めていこう。この名称を観たり聞いたりするたびに「パワハラ」めいた響きを感じてしまうのは私だけだろうか。


最近の記事はこちら

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

「美術館女子」が、なぜ悪いのか⁉

私はいつも思う。どうして「みんなと同じ」でなければいけないのだろう。どうして「同じ感覚」「同じ考え方」「同じ意識」にもっていきたがるのだろう。そうでなければ、許さない、といった雰囲気を作り上げるのだろ…続きを読む

都知事選より面白い「5人の美女」の闘い

昔から「女の闘い」というのは熾烈なもので、それも“5人もの闘い”ということになれば、熾烈を極めるのは言うまでもない。「東京都知事選」の陰に隠れる形で秘かに行われるはずだったが、ここに来て俄然注目を集め…続きを読む

私に「神とは何か」を教えた小説群

私は外国の小説をあまり読まないので、海外の「宗教小説」については知らない。けれども、日本の宗教小説は十代から二十代にかけていろいろと読んだ。その中で“キリスト教”に関連する小説は、遠藤周作氏の小説が“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.