今日の迷言・余言・禁言

「怪しい母親」+「危ない父親」=幸せな家庭⁉

マスコミに登場してきた時から、どこか「怪しさ」を抱えていたのが“ホームレス漫画家”浜田ブリトニー氏(39歳)であった。お粗末な“ギャルメイク”や自伝的(?)ホームレス漫画で注目を浴びながら、タレントとしても独特な存在感でバラエティ番組にも多数出演した。ただ後になって「ホームレスではなかった」と指摘されるなど、どこまでが事実で、どこからが絵空事なのか、よく解からないところもあった。そして昨年4月には、最初から「シングルマザー宣言」をし、女児を出産した。ところが昨日になって、急きょ会見を開き“売れない芸人”らしい岩見透氏(34歳)と入籍・結婚したことを“コント仕立て”で公表した。本人のブログでも「三人で幸せな家庭を作ります」と記している。夫である岩見氏であるが、一応「芸人」ということになっているが、正直、大いに疑問のところもある。二人は3年前に出逢って、すぐに交際・同棲したらしいが、彼には「境界性人格障害」という精神疾患があり、何度か“自殺未遂”を繰り返したという。また、何度もプロポーズしたり「婚姻届け」を書いたりもしたようだ。ただ、それならば妊娠した時点でというか、産もうと決めた時点で「入籍・結婚」を決めても良いように思うのだが、どうも話の経緯ではブリトニー氏の方が拒否していたようだ。男女が“逆の場合”のこういうケースは時折ある。つまり、女性側の精神面が不安定で、ちょっとしたことで自殺未遂するとか、結婚してほしいと懇願するとか、結婚してくれなければ死ぬと脅すとか、妊娠と堕胎を繰り返すとか…そういう“危ない女性”と、どこか似ているのが岩見氏のような気がするのだ。そして、もし、そうなら、そういう不安定な精神面を抱えている人物に「芸人」という職業は過酷過ぎる。人前に出る仕事自体が、あまり向いていないような気がするのだ。もしかしたら、ブリトニー氏は「夫が無職」という形にしたくなくて「芸人」ということに仕立てたのではないだろうか。別に家庭内のことや子供のことを面倒見てくれるのなら、そして二人の“仲が良い”のなら、無職であろうとかまわないではないか。ましてや精神疾患を持っているのであれば、主夫役をさせた方が“幸せな家庭”を作れるような気がする。せっかく“入籍・結婚”して父親となったのだから、世間的な体裁よりも、再び「シングルマザー」に戻らない工夫が何より大切だ。


最近の記事はこちら

「黄金風呂」で“身”も“心”も金色に⁉

「金」というものは、あるところにはあるものだ。例えばスーダンの前大統領宅、家宅捜索が入って調べたところ日本円で126億もの現金が眠っていたそうだ。スーダンってそんなに豊かな国でしたっけ? まあ、他人の…続きを読む

「幸運の女神」は“めげない人”に微笑む

一度の挫折や失敗で「自分は不運だ」と勘違いする人が多い。二度目の失敗で「もうダメだ」と自暴自棄になってしまう人も多い。その一方、何度失敗しても、不幸な出来事にあっても、徹底的に打ちのめされても、そこか…続きを読む

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.