今日の迷言・余言・禁言

「怪しい母親」+「危ない父親」=幸せな家庭⁉

マスコミに登場してきた時から、どこか「怪しさ」を抱えていたのが“ホームレス漫画家”浜田ブリトニー氏(39歳)であった。お粗末な“ギャルメイク”や自伝的(?)ホームレス漫画で注目を浴びながら、タレントとしても独特な存在感でバラエティ番組にも多数出演した。ただ後になって「ホームレスではなかった」と指摘されるなど、どこまでが事実で、どこからが絵空事なのか、よく解からないところもあった。そして昨年4月には、最初から「シングルマザー宣言」をし、女児を出産した。ところが昨日になって、急きょ会見を開き“売れない芸人”らしい岩見透氏(34歳)と入籍・結婚したことを“コント仕立て”で公表した。本人のブログでも「三人で幸せな家庭を作ります」と記している。夫である岩見氏であるが、一応「芸人」ということになっているが、正直、大いに疑問のところもある。二人は3年前に出逢って、すぐに交際・同棲したらしいが、彼には「境界性人格障害」という精神疾患があり、何度か“自殺未遂”を繰り返したという。また、何度もプロポーズしたり「婚姻届け」を書いたりもしたようだ。ただ、それならば妊娠した時点でというか、産もうと決めた時点で「入籍・結婚」を決めても良いように思うのだが、どうも話の経緯ではブリトニー氏の方が拒否していたようだ。男女が“逆の場合”のこういうケースは時折ある。つまり、女性側の精神面が不安定で、ちょっとしたことで自殺未遂するとか、結婚してほしいと懇願するとか、結婚してくれなければ死ぬと脅すとか、妊娠と堕胎を繰り返すとか…そういう“危ない女性”と、どこか似ているのが岩見氏のような気がするのだ。そして、もし、そうなら、そういう不安定な精神面を抱えている人物に「芸人」という職業は過酷過ぎる。人前に出る仕事自体が、あまり向いていないような気がするのだ。もしかしたら、ブリトニー氏は「夫が無職」という形にしたくなくて「芸人」ということに仕立てたのではないだろうか。別に家庭内のことや子供のことを面倒見てくれるのなら、そして二人の“仲が良い”のなら、無職であろうとかまわないではないか。ましてや精神疾患を持っているのであれば、主夫役をさせた方が“幸せな家庭”を作れるような気がする。せっかく“入籍・結婚”して父親となったのだから、世間的な体裁よりも、再び「シングルマザー」に戻らない工夫が何より大切だ。


最近の記事はこちら

日本人3割が、今も喫煙している事実

そういえば今もタバコは売られている。だから無くなったわけではなかった。けれども一般的な感覚として、何となく今の日本にはもうタバコを吸う人達はいなくなったかのような印象を受けていた。街でタバコを吸う人を…続きを読む

39歳すべて失い、71歳“5大会五輪出場”の人生

本当の人生はもろもろ全てを失ってから始まる。時折、そう感じさせるような人物がいる。大井利江氏などは、その典型と言える。71歳で五度目のパラリンピック出場の切符を手にしたのだ。しかも、この人、49歳まで…続きを読む

何百万人より一人に「愛される人生」の選択

かつてAKB48でアイドルだった川栄李奈氏が第一子を出産したことを報告した。同じ日、先月“第一子の妊娠”を公表していた元AKB48の主要メンバーだった篠田麻里子氏が公式の場に出席した。さらに同じような…続きを読む

「35歳」を境に“運命”が大きく変わる職業

アンケートとか調査データには、時々首をひねるようなものがある。このほど公表された「未婚率と職業との関係性」を示すデータはさまざまな点で興味深いのだが、私がもっとも注目したのは、35歳を境として「結婚し…続きを読む

惑星同士の“0度”“180度”が表わす「謎の縁」

俳優の高倉健氏が亡くなって、もう5年の歳月がたった。その5年目の出版を意識したのかどうかは知らないが、高倉健氏の“養女”であった小田貴月氏が書き記した『高倉健、その愛。』が好調な滑り出しを示していると…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.