今日の迷言・余言・禁言

「情報」が溢れすぎていることの不幸

近年、あらゆるものが「情報」の波に押し流されている。ネット社会が普及したことで、確かに「情報」は得やすくなった。けれども、その中には“余分な情報”も多く、偽装された情報、時代遅れの情報、誤った情報、どうでも良い情報も多い。時には“肝心な情報”が抜け落ちていて、たくさん情報があふれているのに、結果的には役立たないことも多い。しかも、その“役立たない情報”に振り回されて、無駄にエネルギーを使い、無駄に時間を消費させられる。ネット社会は、多くの情報を誰もが共有できるという面で恩恵をもたらす部分もあるが、その弊害も意外なほど多い。何もなかった時代「情報」は少なかったが、それで生活に困ったかというとそうではなかった。「生活」を便利に、豊かに変えてくれるはずの「情報」が、本能的な勘や大切な会話を奪い、人々を疑心暗鬼に駆り立てる道具に変わっていくことを何よりも恐れる。


最近の記事はこちら

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

カラダの“空洞”とココロの“空洞”

TV番組やインターネット配信は、時に予期せぬ形で“人気者”を生み出したり、“巨富”を与えたりする。TV「あいのり」に2007年より素人参加した「桃」もそういう女性の一人だった。素人参加者たちが8か国を…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.