今日の迷言・余言・禁言

「愛」と「憎しみ」の間

男女間における「愛憎劇」には、時々信じがたいようなものが存在している。その男女の結婚は故国ではなく、日本という国が取り持った。二人は名古屋で結婚している。夫はバイオリンを制作・販売する仕事だった。男性はノルウェー人、女性は中国人。二人の年齢差が大きいことを考えると、男性の方は再婚だったのかもしれない。けれども、やがて二人には溝が生まれ、離婚を前提とした別居が始まっていた。その離婚協議中に事件は起こった。2014年1月30日~2月19日までの間、女性は複数回、別居中の夫の自宅兼工房に窓ガラスを破って侵入し、バイオリン54丁、弓70本を破壊した。昨日、逮捕された中国籍女性は、元夫の住宅に侵入したことは認めたが、バイオリンの破壊はまだ認めていない。とにかく、バイオリンを54丁も破壊するのは大変な作業である。この事件の場合、実質的には目立つところに“穴をあける”という手法でバイオリンを壊した。弓70本の方も、切断だけでなく“ネックを折る”という専門的手法で、使用を不可能にしている。両方とも、或る程度、その方面に関わっていないと、発想しない破壊行為に思える。元妻の中国人は、事件発生後、中国へ渡航し、その後はたまにしか日本に戻らなかった。離婚協議中から東京で楽器販売業を自営していた。前日、久しぶりに日本に戻ったことを突き止めた捜査員が執念の逮捕に踏み切った。事件当時、元夫のノルウェー人男性は、海外出張に出掛けていた。おそらく、毎年、その時期に出掛けることを元妻は知っていたのだ。そうでなければ、自宅兼工房に窓を割って侵入しない。被害額は1億円以上で、いくら離婚協議中とはいえ、夫の“生活の糧”の全てを破壊したのだ。しかも、そのあとすぐ中国に渡航するなど、明らかに計画的である。異国で生まれ、年齢差も28歳あった二人が、日本で“バイオリンを通じて結ばれた”に違いない二人が、あまりに哀しい愛憎劇である。おそらく憎しみの感情だけが、後先を考えない“夫の手足を捥ぐような行為”へとつながったのであろう。バイオリンにも穴が開いたが、元夫の心にも永遠に癒えない“穴が開いた”に違いない。


最近の記事はこちら

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.