今日の迷言・余言・禁言

「愛」と「憎しみ」の間

男女間における「愛憎劇」には、時々信じがたいようなものが存在している。その男女の結婚は故国ではなく、日本という国が取り持った。二人は名古屋で結婚している。夫はバイオリンを制作・販売する仕事だった。男性はノルウェー人、女性は中国人。二人の年齢差が大きいことを考えると、男性の方は再婚だったのかもしれない。けれども、やがて二人には溝が生まれ、離婚を前提とした別居が始まっていた。その離婚協議中に事件は起こった。2014年1月30日~2月19日までの間、女性は複数回、別居中の夫の自宅兼工房に窓ガラスを破って侵入し、バイオリン54丁、弓70本を破壊した。昨日、逮捕された中国籍女性は、元夫の住宅に侵入したことは認めたが、バイオリンの破壊はまだ認めていない。とにかく、バイオリンを54丁も破壊するのは大変な作業である。この事件の場合、実質的には目立つところに“穴をあける”という手法でバイオリンを壊した。弓70本の方も、切断だけでなく“ネックを折る”という専門的手法で、使用を不可能にしている。両方とも、或る程度、その方面に関わっていないと、発想しない破壊行為に思える。元妻の中国人は、事件発生後、中国へ渡航し、その後はたまにしか日本に戻らなかった。離婚協議中から東京で楽器販売業を自営していた。前日、久しぶりに日本に戻ったことを突き止めた捜査員が執念の逮捕に踏み切った。事件当時、元夫のノルウェー人男性は、海外出張に出掛けていた。おそらく、毎年、その時期に出掛けることを元妻は知っていたのだ。そうでなければ、自宅兼工房に窓を割って侵入しない。被害額は1億円以上で、いくら離婚協議中とはいえ、夫の“生活の糧”の全てを破壊したのだ。しかも、そのあとすぐ中国に渡航するなど、明らかに計画的である。異国で生まれ、年齢差も28歳あった二人が、日本で“バイオリンを通じて結ばれた”に違いない二人が、あまりに哀しい愛憎劇である。おそらく憎しみの感情だけが、後先を考えない“夫の手足を捥ぐような行為”へとつながったのであろう。バイオリンにも穴が開いたが、元夫の心にも永遠に癒えない“穴が開いた”に違いない。


最近の記事はこちら

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.