今日の迷言・余言・禁言

「愛のDV」は「死」まで止まらない

ここに“二つの事件”を並べることに、多少、戸惑いがあった。だが同じ日に起きた事件であるということは、或る種「同一の運命的な作用」が働いていたとも考えられる。それに、双方とも女性は「麻美」という名前だった。その一方は北海道の事件で、新冠町で同居している男女は共に酒に酔っていた。けれども、女性の方は自宅で飲んでいて、男性の方は外で飲んでいた。おそらく、このことが事件にとって重要だったのだ。41歳の男性は深夜1時過ぎに酔って自宅に戻った。そして、45歳の同居女性から激しくののしられた。男性もちょっとだけ反論したが、酔いつぶれ倒れ込むような感じで横になった。深夜1時過ぎまで帰宅を待っていた女性には“許せない姿”に映った。待ちくたびれ、酒をあおっていた。容疑者である麻美は、台所からガスバーナーを持ち出し、愛する人の頭部に向かって、その炎を向けた。最初は脅すつもりだったが「殺してやりたい」気持ちが頭をもたげた。こうして、45歳の麻美は41歳の内縁の男性を焼き殺してしまった。その少し後、東京の中野区の住宅街では、38歳のパティシエの女性が、元交際相手であった34歳のパティシエの男に自宅に侵入され、刃物でメッタ刺しに遭っていた。実は二人とも同じ師匠を持ち、そこで知り合っていた。38歳の「麻美」さんは、元の交際相手と2年半ほど付き合ったが、度重なるDVに耐え兼ね警察に相談、警察から男の方に「警告」が伝えられたが、その後も男のストーカー行為は続き、“傷害容疑”まで起こした。ただ、今年に入って男からのストーカー行為がなくなったため、一応、警察としての対応は4月に終了する形になっていた。けれども、男はあきらめてなどいなかったのだ。しかも、男の想いは“愛情”から“憎しみ”へと変化していた。彼は事件の前日、自らの店の方は閉店している。明らかに、麻美さんを殺して自分も死ぬことを決意していた。事件後すぐに自宅に戻り、7階から飛び降り自殺しているのだ。どちらの事件も、DVの“歯止めが利かなくなって”の結果である可能性が強い。最近は、警察に相談していたのに…というケースも多い。もし容疑者たちが、気持ちを切り替え、新たな出逢いを求めたなら「幸せの青い鳥」がやってきた可能性は十分にある。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.