今日の迷言・余言・禁言

「慎重」は良い「慎重すぎる」は良くない

人にはそれぞれ性質があって、その性質に沿った生活をしていればそれほどストレスは溜まらないが、性質にそぐわない生活を強いられるとストレスを生じる。例えば「組織」内の生活がそぐわない人。そういう人は、どうしても“勤める”という形そのものにストレスを感じる。そこで「起業」を考える。昨日、都内で「2020―全国ビジネスプランコンテスト―」というものの特別審査員に択ばれた元AKB48で実業家である川崎希氏やその夫のアレク氏やテリー伊藤氏などがトークショーを行った。川崎希氏はAKB48を卒業した翌日「何もわからないまま会社を始めた」という。確かに、普通、何かの組織に所属してきた人は“会社の始め方”など解からない。そういう判らない状態からでも始められたのは、もちろん“若さ”もあるのだが、“性格”が大きいのだと私は思う。考えてみれば私だって、何も分からず「占い師」を開業した。誰も“開業の仕方”を教えてはくれなかった。いや、正確に言えば、プロの先輩が“教えてくれた”のだが、その方法は私に合わなかった。というか、私には出来なかった。だから“自分流”で開業するしかなかった。「起業」というのは、その“思い”が強ければ、きちんとした順序を踏まなくても、スタートできるものである。日本人はとかく慎重な人が多い。起業には、慎重さも必要なのだが、慎重すぎるのは良くない。あれも、これも、100%準備してからでないとスタートが切れないのは、それだけ“思い”が強くないからである。そういう時には無理にスタートしない方が良い。多少、条件的には“不足”があっても、何かに“背中を押される”ような感じで始めたことというのは、案外、生きながらえる。素晴らしいスタートは切れないかもしれないが、何とか“形”を保っていける。結局、商売というのは、いったん“命”が吹き込まれると、のろのろとであっても動き出すよう出来ているからだ。川崎氏は「私の場合は40万円で始めた」と言っている。もちろん、元々知名度や人気がある人が始めるのと、一般の方が始めるのとでは一律ではないが、多くの「創業型社長」も、最初は“思い”だけが強い無名人だったのだ。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.